Ubuntu 17.10のインストールと新しいシステム設定の使い方

「A」から始まりGNOMEに原点回帰

Ubuntu 17.10 Artful Aardvark(アートフル・アードバーク)が、2017年10月19日にリリースされます。

Ubuntu 17.10

Ubuntu 17.10 Artful Aardvark ReleaseNotes https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ReleaseNotes

2017年4月にUnity 8の開発中止が発表されてから、Ubuntu 17.10はGNOME 3を標準デスクトップに採用した、最初のバージョンになります。

ちょうどコードネームがアルファベットの「A」に戻るタイミングで、GNOMEに原点回帰したことになりますね。

大きな変更点として、32ビット版のデスクトップイメージ(i386 ISO)は、本リリースから提供されなくなります。

すでに、Ubuntuユーザーの90%以上がUbuntu-64bitを使っているというアンケート結果もあり、無駄なリソースを省く目的があります。

Ubuntu 17.10では、次の長期サポート版であるUbuntu 18.04 LTSへの前段階として、数多くの新機能が採用されています。

【Ubuntu 17.10 新機能】

  • Linux kernel 4.13、GNOME 3.26にアップデート

  • Waylandをデフォルトのディスプレイサーバに採用(ログイン画面でXorgに切り替え可能)
  • ディスプレイマネージャをLightDMからGDM3に変更(ログイン画面が変わる)
  • Ubuntu Dockが標準ランチャーとして配置された
  • デフォルトのウィンドウボタンが右側に変更された
  • ゴミ箱アイコンをデスクトップに追加
  • システム設定のインターフェースがタッチデバイス風に刷新された
  • インジケーターがサポートされ拡張機能なしでトップバーに表示される

Ubuntu 17.10のサポート期間は、2018年7月までの9ヶ月間になります。

Releases - Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/Releases

以下、Ubuntu 17.10のインストールと、新しくなったシステム設定の使い方などを紹介していきます。

続きを読む・・・Ubuntu 17.10のインストールと新しいシステム設定の使い方

More columns in applications view - アプリケーションビューの列数を変更するGNOME拡張機能

画面いっぱいにアプリケーションアイコンを表示できる

More columns in applications viewとは、GNOMEのアプリケーションビューの列数を変更できる拡張機能です。

More columns in applications view Ubuntu GNOME拡張機能

More columns in applications view - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/1305/more-columns-in-applications-view/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - More columns in applications view GNOME拡張機能
バージョンインストール方法起動方法
More columns in applications viewGNOME Shell Extensionsのページにあるスイッチを「ON」にしてインストールGNOME Tweak Toolの拡張機能から「More columns in applications view」を有効にする

GNOMEのアプリケーションビューでは、インストールされているアプリのアイコンを一覧表示できますが、その列数はデフォルトで6と少なく、画面の左右に無駄なスペースが空いてしまいます。

もっとアプリアイコンを画面いっぱいに表示したいときにおすすめなのが、More columns in applications view GNOME拡張機能です。

オプションでグリッドの列数を自由に変更できるので、より多くのアイコンを一度に確認することができます。

続きを読む・・・More columns in applications view - アプリケーションビューの列数を変更するGNOME拡張機能

gkill - プロセス名で検索して強制終了するコマンドラインツール

端末からプロセス名で検索して選択するだけで強制終了できる

gkillとは、LinuxとmacOSで使えるインタラクティブなプロセスキラーです。

gkill Ubuntu コマンド プロセス 強制終了

GitHub - gkill: Interactice process killer for Linux and macOS https://github.com/heppu/gkill

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - gkill コマンド
バージョンインストール方法起動方法
gkill v1.0.2GitHubのリリースページから「gkill-linux-amd64 (2.3MB)」をダウンロードして、「/usr/local/bin」フォルダにコピー端末から「gkill」コマンドを実行

Linuxで実行中のプロセスは、「$ kill (プロセスID)」コマンドで強制終了できますが、いちいちpsコマンドなどでプロセスIDを調べるのは面倒、という時に使えるのがgkillです。

わかりやすいプロセス名で現在実行中のプロセスを検索して、検索結果から選択するだけで、すばやく強制終了することができます。

続きを読む・・・gkill - プロセス名で検索して強制終了するコマンドラインツール

Bing Wallpaper Changer - Bingの壁紙をデスクトップの壁紙に自動設定するGNOME拡張機能

毎日更新される美しいBing壁紙がデスクトップでも楽しめる

Bing Wallpaper Changerとは、Bingの背景に表示される今日の画像を、自動的にUbuntuの壁紙に設定するGNOME拡張機能です。

Bing Wallpaper Changer Ubuntu GNOME拡張機能 Bing 壁紙

Bing Wallpaper Changer - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/1262/bing-wallpaper-changer/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Bing Wallpaper Changer GNOME拡張機能
バージョンインストール方法起動方法
Bing Wallpaper Changer 14GNOME Shell Extensionsのページにあるスイッチを「ON」にしてインストールGNOME Tweak Toolの拡張機能から「Bing Wallpaper Changer」を有効にする

Bingを検索エンジンとして使う方は少ないかもしれませんが、毎日更新される美しいBing壁紙にはファンも多いですよね。

特殊なスクリプトを追加したり面倒なセットアップをすることなく、インストールするだけですぐにBing壁紙をデスクトップの壁紙に設定できるのが、Bing Wallpaper Changer GNOME拡張機能です。

使用されたBing壁紙は、自動的に指定フォルダにダウンロードされるので、お気に入りの壁紙を保存してコレクションすることができます。

続きを読む・・・Bing Wallpaper Changer - Bingの壁紙をデスクトップの壁紙に自動設定するGNOME拡張機能

TaskBar - 起動中のアプリケーションをトップバーに表示するGNOME拡張機能

トップバーをアプリケーションスイッチャーとして使う

TaskBarとは、GNOMEのトップバーに起動中のアプリケーションのアイコンを表示して切り替える拡張機能です。

TaskBar Ubuntu GNOME拡張機能 トップバー 起動中のアプリを表示

TaskBar - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/584/taskbar/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - TaskBar GNOME拡張機能
バージョンインストール方法起動方法
TaskBar Version 56GNOME Shell Extensions - TaskBarのページにあるスイッチを「ON」にしてインストールGNOME Tweak Toolの拡張機能から「TaskBar」を有効にする

起動中のアプリケーションをアクティブにする、最小化する、閉じるといった操作を、トップバーから実行できるのが、TaskBar GNOME拡張機能です。

デスクトップの表示やウィンドウプレビュー機能も備えており、トップバーをアプリケーションスイッチャーとして使うことができます。

続きを読む・・・TaskBar - 起動中のアプリケーションをトップバーに表示するGNOME拡張機能

Human - macOSのような半透明のライトグレーにできるGnome Shellテーマ

他のGTKテーマと組み合わせてライトグレーのトップバーを使う

Humanとは、UbuntuのトップバーをmacOSのような半透明のライトグレーにできるGnome Shell テーマです。

Human Ubuntu GNOME Shell テーマ macOS

Human (Next-Gen macOS shell theme) - www.gnome-look.org https://www.gnome-look.org/p/1171095/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Human Gnome Shellテーマ
バージョンインストール方法適用方法
Human V4.5gnome-look.orgのFilesタブから「Human-4-5.zip (303KB)」をダウンロードしてインストールGnome Tweak Toolの「外観」-「Gnome Shellテーマ」から「Human-4-5」を選択して適用

最近では、Gnome-OSXやUnited GNOMEなど、ダークなトップバーが主流になっていますが、GTKテーマにかかわらずライトなトップバーを使いたいというときにおすすめなのが、 Human Gnome Shellテーマです。

macOSのような半透明のトップバーで、アクティビティボタンはテキストではなく、丸3つにデザインされています。

また、選択色はやや濃いグレーで、特殊なカラーを使っていないので、どんなGTKテーマにもよく合います。

続きを読む・・・Human - macOSのような半透明のライトグレーにできるGnome Shellテーマ

Status Area Horizontal Spacing - トップバーのアイコン間隔を自由に調整するGNOME拡張機能

システムステータスエリアや拡張機能のアイコンをコンパクトに表示

Status Area Horizontal Spacingとは、GNOMEのトップバーに表示されるアイコンの間隔を調整するための拡張機能です。

Status Area Horizontal Spacing Ubuntu GNOME拡張機能 トップバー アイコン間隔

Status Area Horizontal Spacing - GNOME Shell Extensions https://extensions.gnome.org/extension/355/status-area-horizontal-spacing/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能
バージョンインストール方法起動方法
Status Area Horizontal SpacingGNOME Shell Extensionsのページにあるスイッチを「ON」にしてインストールGNOME Tweak Toolの拡張機能から「Status Area Horizontal Spacing」を有効にする

GNOME Shellのトップバー右側には、システムステータスエリア(ネットワーク、ボリューム、バッテリー)と、有効な拡張機能のアイコンが表示されます。

これらのアイコン間隔は、適用しているGNOME Shellテーマによって変わりますが、デフォルトテーマのようにアイコン間隔が広いテーマでは、たくさんの拡張機能を有効にしていると、すぐにアイコンがトップバーの中央付近まできてしまいます。

Status Area Horizontal Spacing GNOME拡張機能をインストールすれば、アイコン間隔を半分まで狭めることができるので、より多くのアイコンをコンパクトに表示できるようになります。

続きを読む・・・Status Area Horizontal Spacing - トップバーのアイコン間隔を自由に調整するGNOME拡張機能

Gifcurry - 簡単操作で動画をGIFアニメに変換

動画ファイルをGIFアニメに変換しテキストも追加できる

Gifcurryとは、Haskell(ハスケル)というプログラミング言語で開発された、動画からGIFアニメを作成する実行ファイル形式のアプリです。

Gifcurry Ubuntu 動画 GIFアニメ 変換

GitHub - Gifcurry https://github.com/lettier/gifcurry/

Ubuntu 16.04 (GNOME 3.20) - Gifcurry GIFアニメ変換
バージョンインストール方法起動方法
Gifcurry 2.1.0.0GitHubのリリースページから「gifcurry-linux-2.1.0.0.tar.gz (36MB)」をダウンロードして解凍する「gifcurry_gui」実行ファイルをダブルクリックして起動する

一つの画面から動画の開始位置や長さを指定するだけで、すぐにGIFアニメに変換できるのが、Gifcurryです。

他にもGIFアニメのサイズや品質などを自由に指定でき、上部と下部にテキストを追加することもできます。

また、最初と最後の画像を表示するフレームプレビュー機能付きなので、動画のフレームを確認しながら簡単にGIFアニメを作成することができます。

続きを読む・・・Gifcurry - 簡単操作で動画をGIFアニメに変換

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 17.10のインストールと新しいシステム設定の使い方 Oct 14, 2017

More columns in applications view - アプリケーションビューの列数を変更するGNOME拡張機能 Oct 12, 2017

gkill - プロセス名で検索して強制終了するコマンドラインツール Oct 05, 2017

Bing Wallpaper Changer - Bingの壁紙をデスクトップの壁紙に自動設定するGNOME拡張機能 Sep 28, 2017

TaskBar - 起動中のアプリケーションをトップバーに表示するGNOME拡張機能 Sep 25, 2017

Human - macOSのような半透明のライトグレーにできるGnome Shellテーマ Sep 21, 2017

Status Area Horizontal Spacing - トップバーのアイコン間隔を自由に調整するGNOME拡張機能 Sep 18, 2017

Gifcurry - 簡単操作で動画をGIFアニメに変換 Sep 14, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com