Slick RSS Google Chromeのタブに独立したRSSリーダーを表示するChrome拡張機能

Slick RSS Chrome拡張機能とは?

Slick RSSとは、Google Chromeのタブに、独立したRSSリーダーを表示するChrome拡張機能です。

Slick RSS Chrome拡張機能 RSSリーダー

https://chrome.google.com/extensions/detail/ealjoljnibpdkocmldliaoojpgdkcdob

Slick RSSは、Google Chromeで使う独立したRSSリーダーです。他のサービスのRSSフィードを表示するのではなく、Chrome拡張機能だけで独自のRSSフィードを表示できます。

Slick RSS Chrome拡張機能 RSSリーダーにフィードを登録する

Slick RSSにフィードを登録するには、Google Chromeツールバーの「Slick RSS」アイコンをクリックします。右上に表示される「Manage」ボタンで、RSSフィードの登録画面が開きます。

Slick RSS Chrome拡張機能 RSSリーダー フィード登録

Slick RSSには、ワンクリックでフィードを登録できる機能がありません。

少々面倒ですが、フィードの名前を「Name」ボックスに、フィードのURLを「URL」ボックスにコピーします。「Add」ボタンでフィードを追加できます。

フィードを削除したいときは、「×」をクリックして削除するフィードを選択し、「Save」ボタンをクリックします。

Slick RSS Chrome拡張機能 OPMLファイルをインポートする

Slick RSSは、OPML(Outline Processor Markup Language 複数のRSSフィードをリスト化する規格)対応のRSSリーダーなので、他のRSSリーダーからエクスポートされたOPMLファイルをインポートできます。

Slick RSSにOPMLファイルをインポートするには、「Slick RSS」を右クリックして、メニューから「オプション」を選びます。

Slick RSS Chrome拡張機能 RSSリーダー OPML インポート

「Import Feeds」ボタンをクリックすると、OPMLを貼り付けるための画面が開きます。

インポートしたいOPMLファイルをテキストエディタで開いて、OPMLボックスにコピーペーストします。「Import」ボタンをクリックすれば、フィードをインポートできます。

Slick RSS Chrome拡張機能 OPMLファイルへのエクスポートができない

Slick RSSには、OPMLファイルへのエクスポート機能がありません。そのためフィードのバックアップもとれません。

ワンクリックでのRSSフィードの登録もできないですし、少ない数のフィードを見る程度にしか利用できないですね。

ユーティリティの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/114-c57673c2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed