Flash Block Chrome拡張機能 Flash広告の表示/非表示を簡単に切り替えできる

Flash Block Chrome拡張機能とは?

Flash Blockとは、Flash広告の表示/非表示を簡単に切り替えできるChrome拡張機能です。

Flash Block Chrome拡張機能 Flash広告 非表示

https://chrome.google.com/extensions/detail/gofhjkjmkpinhpoiabjplobcaignabnl?hl=ja

Flash Block Chrome拡張機能では、WebサイトのFlash広告を簡単に非表示にできます。

YouTubeなどの動画サイトで、Flash表示が必要な場合は、ホワイトリストでWebサイトごとに許可することもできます。

Flash Block Chrome拡張機能 ホワイトリストでFlash広告の表示を管理

Flash Block Chrome拡張機能をインストールすると、デフォルトでYouTube以外のWebサイトのFlash広告は、すべて非表示になります。

Flash Block Chrome拡張機能 Flash広告 非表示 切り替え

Flash広告の表示を許可するには、Google ChromeアドレスバーのFlash Blockアイコンをクリックして、「Always allow flash on this site」を選びます。

Flash広告が表示されるようになり、選んだWebサイトがFlash Blockのホワイトリストに追加されます。ホワイトリストを管理するには、Flash Blockメニューの「Options」を選びます。

Flash Block Chrome拡張機能 ホワイトリストの管理

「White list」タブには、Flash広告の表示許可サイトのリストが表示されます。

「Add」ボタンで、Webサイトをホワイトリストに追加できます。また、リストから選んで「Remove」で削除できます。ホワイトリストの設定が終わったら「OK」ボタンをクリックします。

アドレスバーのFlash Blockアイコンから、Flashの表示/非表示を切り替えた場合は、すぐに反映されるのですが、ホワイトリストを変更した場合は、Google Chromeを再起動しないと反映されないようです。

Flash Block Chrome拡張機能のオプションを設定する

Flash Block Chrome拡張機能のオプション設定は、「Settings」タブで行います。

Flash Block Chrome拡張機能 オプション設定

「Enabled」オプションでFlash Blockの有効/無効を、「Show icon on address bar」でGoogle Chromeのアドレスバーのアイコン表示を設定します。

「placeholder icon」というのは、Flash広告を非表示にしたときに、そのエリアに表示される「f」マークのアイコンのことです。

「f」マークのアイコンをクリックすると、そのFlash広告を表示できます。「placeholder icon」関連のオプションでは、アイコンの表示方法を設定できます。

アクセサリの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/135-7c422829

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed