Revelation Password Manager パスワード情報をAESで暗号化されたファイルで一元管理するパスワード管理

Revelation Password Managerとは?

Revelation Password Managerとは、各種パスワード情報をAESで暗号化されたファイルで一元管理できる、Ubuntuパスワード管理です。

Revelation Password Manager Ubuntu パスワード管理

http://oss.codepoet.no/revelation/wiki/Home

Ubuntu 10.04 LTS - Revelation Password Manager パスワード管理
レビューバージョンインストール方法起動方法
Revelation 0.4.11Ubuntuソフトウェアセンターから「revelation」で検索「アプリケーション」メニューの「アクセサリ」から起動

Revelation Password Managerでは、Webアプリ、メール、ドアロック、電話番号などのパスワード情報を、AES(Advanced Encryption Standard: アメリカ政府採用の標準暗号方式)で暗号化された1つのファイルで一元管理できます。

シンプルなメニューで使いやすく、ランダムなパスワードを生成するパスワードジェネレータや、パスワードの強度を判定するパスワードチェッカー機能も付いています。

Revelation パスワードの種類を選んでパスワード情報を登録

Revelation Password Managerにパスワード情報を登録するには、ツールバーの「Add Entry」ボタンをクリックします。

Revelation Password Manager Ubuntu パスワード管理 パスワードの種類

「Type」リストから、登録するパスワードの種類を選びます。

選んだパスワードタイプによって、登録できる項目が異なります。ここではサンプルとして、Webアプリのパスワード情報を登録するので、「Website」を選びます。

Revelation Password Manager Ubuntu パスワード管理 パスワード登録

Webアプリ名、サイトのURL、ユーザー情報などを入力します。

パスワードを入力したときに、右側に表示されるアイコンがパスワードチェッカーです。アイコンの表示とマウスオーバーしたときの情報で、パスワードの強度がわかります。

「Generate」ボタンをクリックして、パスワードジェネレータでランダムなパスワードを入力することもできます。

「Add Entry」ボタンでパスワード情報の登録を完了します。

Revelation フォルダを作成してパスワードを分類する

Revelation Password Managerでは、フォルダを作成してパスワードを分類できます。

Revelation Password Manager Ubuntu パスワード管理 フォルダ分類

ツールバーのフォルダアイコンをクリックして、フォルダ名と説明を入力します。

作成したフォルダに、パスワードエントリをドラッグ&ドロップするだけで、移動できます。

パスワードエントリを選択して、ツールバーの「Go to」ボタンをクリックすると、登録されているサイトがWebブラウザに表示されます。

また、ツールバーの鉛筆のアイコンでパスワードエントリの編集、削除マークのアイコンでエントリの削除ができます。

Revelation マスターパスワードを設定してパスワード情報を保存する

Revelation Password Managerで、登録したパスワード情報を保存するには、ツールバーの「Save」アイコンをクリックします。

Revelation Password Manager Ubuntu パスワード管理 マスターパスワード

保存先とファイル名を入力した後に、マスターパスワードを登録する画面がひらきます。

マスターパスワードは、パスワードファイルを開くときに必要になります。忘れると二度と開けなくなるので、必ず覚えておきましょう。

なお、マスターパスワードは、「File」メニューの「Change Password」で変更できます。

Revelation オプション設定で起動時に自動的に開くパスワードファイルを選ぶ

Revelationを起動するときに、自動的に開くパスワードファイルを設定するには、「Edit」メニューから「Preferences」を選びます。

Revelation Password Manager Ubuntu パスワード管理 オプション設定

「General」タブの「Open file on startup」で、起動時に自動的に開きたいパスワードファイルを選択しておけば、次回起動時にマスターパスワードの入力画面が開くようになります。

他にも、変更時の自動保存や、パスワードファイルをロックするまでの時間などのオプションを設定できます。

また、「Display passwords and other secrets」オプションにチェックを入れると、「●●●」ではなく、実際のパスワードが表示されるようになります。パスワード表示の切り替えは「Ctrl + p」キーで、随時行うこともできます。

ユーティリティの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/156-78b7718a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed