Furius Cipher テキストを簡単にAESで暗号化して保存できる

Furius Cipher(サイファー)とは

Furius Cipherとは、プレーンテキストを暗号化して保存できる、Ubuntuの暗号化ツールです。

Furius Cipher Ubuntu セキュリティ 暗号化

http://gtk-apps.org/content/show.php/Furius+Cipher?content=75400

Ubuntu 10.04 LTS - Furius Cipher セキュリティ 暗号化
レビューバージョンインストール方法起動方法
Furius Cipher 0.2.0debパッケージからインストール「アプリケーション」メニューの「アクセサリ」から起動

Furius Cipherでは、入力したプレーンテキストをAES(Advanced Encryption Standard: アメリカ政府採用の標準暗号方式)で暗号化して、ファイルに保存できます。

パスワードや秘密の言葉など、他人に知られたくない情報を、なんでも暗号化して保存することができます。

Furius Cipherをdebパッケージからインストール

Furius Cipherをインストールするには、GTK-Apps.org Furius Cipherページの下部にある「download」リンクをクリックします。

Furius Cipher Ubuntu セキュリティ 暗号化 ダウンロード

Furius Cipherのページにリダイレクトされるので、ページをスクロールして下の方にある「furiuscipher_0.2.0.0_all.deb」へのリンクをクリックします。

ファイルを開くダイアログで、「GDebi Package インストーラ」を選んで、後はメッセージにしたがってインストールします。

Furius Cipher テキストを暗号化してファイルに保存する

Furius Cipherでテキストを暗号化するには、「Plain Text」ボックスに暗号化するテキストを入力します。

Furius Cipher Ubuntu セキュリティ テキストの暗号化

「Password」と「Comfirm Password」ボックスにパスワードを入力して、右上の「Encrypt Text」ボタンをクリックすると、「Cipher Text」ボックスにAESで暗号化された文字列が表示されます。

ツールバーの保存ボタン(フロッピーのアイコン)をクリックして、ファイル名を付ければ暗号化されたテキストを保存できます。

Furius Cipher 暗号化されたテキストを復号する

Furius Cipherで暗号化されたテキストを復号するには、ツールバーのファイルを開くボタン(フォルダのアイコン)をクリックして、暗号化されたファイルを開きます。

urius Cipher Ubuntu セキュリティ テキストの復号

オプションを「Decrypt」に変更して、パスワードを入力、「Decrypt Text」ボタンをクリックすれば、復号したテキストが表示されます。

ユーティリティの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/171-fb45bb02

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed