gtkpod UbuntuでiPod shuffleへ楽曲を転送して管理する

gtkpodとは?

gtkpodとは、iPodへ楽曲を転送して、楽曲の追加や削除ができるUbuntuアプリです。

gtkpod Ubuntu iPod

http://www.gtkpod.org/wiki/Home

Ubuntu 10.10 - gtkpod iPod管理
レビューバージョンインストール方法起動方法
gtkpod 1.0.0Ubuntuソフトウェアセンターから「gtkpod」で検索「アプリケーション」メニューの「サウンドとビデオ」から起動

※ gtkpodの動作確認には、iTuneで初期化した第1世代のiPod shuffleを使用しています。

※ iPod shuffleがマウントできない場合は、「Ubuntu 10.04でiPod shuffle(第1世代)が使えない」を参考にしてください。Ubuntu 10.10でもマウントできるようになります。

gtkpodにUbuntu PC内の音楽ファイルを取り込む

gtkpodにUbuntu PC内の音楽ファイルを取り込むには、左側の「プレイリスト」から「Music Library」を選択して、ツールバーの「Add Folder」ボタンをクリックします。

gtkpod Ubuntu iPod 音楽ファイル 取り込み

音楽ファイルのフォルダを選んで「追加」ボタンをクリックすると、gtkpodに音楽ファイルが取り込まれます。

gtkpod iPod shuffleに楽曲を転送して管理する

iPod shuffleをUbuntu PCに接続します。「Initialize iPod」ダイアログが開くので、iPodのモデルを選択します。

gtkpod Ubuntu iPod shuffle 接続

「拡張情報は使用されません。」という警告が表示されますが、そのまま「OK」ボタンをクリックします。

プレイリストの「Music Library」から接続したiPodに、楽曲をドラッグ&ドロップすると、iPodに楽曲が転送されます。

gtkpod Ubuntu iPod shuffle 楽曲の追加 削除 並び替え

演奏順は、iPodに転送した順番になります。楽曲を右クリックして「iPodから削除」を選べば削除できます。

楽曲の転送と編集が終わったら、ツールバーから「変更を保存」をクリックします。

「Backup database could not be found...」という警告が表示されるので、「OK」ボタンをクリックします。

プレイリストから接続したiPod shuffleを右クリックして、メニューから「Edit iPod Properties」を選びます。

gtkpod Ubuntu iPod shuffle 設定

「iTunesDB backup」が空欄になっているので、「Browse」をクリックします。

「Ctrl+h」キーを押して、ホームフォルダ内の隠しフォルダを表示します。「.gtkpad」フォルダにあるバックアップファイル「backupDB_x9724」(x9724は選んだiPodの型番によって異なります。)を指定します。

これで、次回からは変更の保存時に、警告が表示されないようになります。

私のように、「iPodにはそのときに聴きたい曲だけを入れて持ち歩く」という方には、これだけできれば十分だと思います。

音楽プレイヤーの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/191-16236cd1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed