X-tile 開いているウィンドウをタイル状に並び替えできるパネルアプレット

X-tileとは?

X-tileとは、Ubuntuデスクトップで開いているウィンドウを、タイル状に並び替えできるパネルアプレットです。

X-tile Ubuntu パネルアプレット

http://www.giuspen.com/x-tile/

http://www.giuspen.com/software/x-tile_1.8.2-1_all.deb

Ubuntu 10.10 - X-tile パネルアプレット
レビューバージョンインストール方法起動方法
X-tile 1.8.2debパッケージからインストールパネルを右クリックして、「パネルへ追加」から追加

X-tileでは、Ubuntuで開いているウィンドウを、上下や左右など様々なレイアウトでタイル状に並び替えることができます。

カスタム設定もできるので、自分好みのウィンドウレイアウトを登録することもできます。

X-tile パネルからレイアウトを選んでウィンドウを並び替える

X-tileで、開いているウィンドウを並び替えるには、パネルに表示されたX-tileアイコンを右クリックして、メニューからレイアウトを選びます。

-tile Ubuntu パネルアプレット ウィンドウ 並び替え

例えば、「Tile All Quad」を選ぶと、ウィンドウは4つの四角でタイル状に配置されます。

右クリックメニューから「Undo Tiling」を選べば、ウィンドウの配置を元に戻せます。

X-tileでは、開いている特定のウィンドウだけを選択して、並び替えることもできます。

パネルのX-tileアイコンをクリックすると、開いているウィンドウ一覧が表示されるので、並び替えしたいウィンドウだけをチェックします。

X-tile Ubuntu パネルアプレット ウィンドウを選択して並び替え

例えば、ツールバーの「Tile Vertically The Checked Windows」をクリックすると、選択したウィンドウだけが上下に並びます。

X-tile カスタムレイアウトを登録してウィンドウを並び替える

X-tileでは、自分好みのカスタムレイアウトを、2つまで登録することもできます。

X-tileの「Tile」メニューから「Custom Tile (1or2) Set」を選びます。

X-tile Ubuntu パネルアプレット ウィンドウ カスタムレイアウト

開いているウィンドウを自分好みにレイアウトして、「Update」ボタンをクリックするとカスタムレイアウトが登録されます。

パネルのX-tileアイコンの右クリックメニューから、「Tile All Custom (1or2)」を選べば、登録したカスタムレイアウトでウィンドウが並び替えられます。

パネルの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/193-6c9cd03f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed