Ubuntu 10.10 (unified font style) すべてのWebページをUbuntuフォントで表示するChrome拡張機能

Ubuntu 10.10 (unified font style) Chrome拡張機能とは?

Ubuntu 10.10 (unified font style)とは、Google Chromeで、すべてのWebページをUbuntuフォントで表示するChrome拡張機能です。

Ubuntu フォント Chrome拡張機能

https://chrome.google.com/extensions/detail/gmpnnplimbnbmdaigmnajmbdcinhpddj

Ubuntu 10.10 (unified font style)をインストールすれば、Google Chromeの設定でフォントを変更することなく、すべてのWebページにUbuntuフォントを適用できます。

Ubuntu 10.04 LTSにはUbuntuフォントのインストールが必要

Ubuntu 10.10 (unified font style)で、WebページにUbuntuフォントを適用するには、事前にUbuntuフォントをインストールしておく必要があります。

Ubuntu 10.10には、デフォルトでUbuntuフォントがインストールされています。

Ubuntu 10.04 LTSの場合は、Ubuntuソフトウェアセンターから「ttf-ubuntu-font-family」で検索して、Ubuntuフォントをインストールします。

Ubuntu フォント インストール

なお、「ttf-ubuntu-font-family」は、lucid-updatesパッケージに含まれているため、初期状態のUbuntu 10.04 LTSには含まれていません。

http://packages.ubuntu.com/lucid-updates/fonts/

Ubuntuソフトウェアセンターで、「ttf-ubuntu-font-family」が見つからないときは、Ubuntuを最新の状態にアップデートしてみましょう。

システム設定 システム情報の関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/230-36234471

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed