Glippy PPA クリップボード履歴の数やラベルの長さを自由に設定できるクリップボードマネージャ

Glippyとは?

Glippyとは、GNOMEパネルのインジケーターアプレットで使う、シンプルなクリップボードマネージャです。

Glippy Ubuntu PPA クリップボードマネージャ パネルアプレット

https://launchpad.net/glippy

Ubuntu 10.04 LTS - Glippy クリップボードマネージャ
レビューバージョンインストール方法起動方法
Glippy 0.2.1下記のコマンドを端末から実行して、PPAリポジトリを追加後、Ubuntuソフトウェアセンターから「glippy」で検索「アプリケーション」メニューの「アクセサリ」から起動
sudo add-apt-repository ppa:bikooo/glippy
sudo apt-get update

※ PPA(Personal Package Archive)とは、Ubuntu開発の中心であるオープンソースのプロジェクトホスティングサイトLaunchpad内で、アプリ開発チームごとに管理しているリポジトリです。

※ 不要になったPPAリポジトリの削除は、アプリケーションを削除後、「システム」-「システム管理」-「ソフトウェアソース」から行います。

Glippyでは、オプション設定で、クリップボードに保存する履歴の数やラベルの長さを、自由に変更できます。

また、画像の保存もできるので、ブログ画像の編集などに便利です。

Glippy PPA クリップボードマネージャのオプションを設定する

Glippyで、クリップボードマネージャのオプションを設定するには、インジケーターアプレットのGlippyアイコンをクリックして、メニューから「設定」を選びます。

Glippy Ubuntu PPA クリップボードマネージャ 自動起動オプション

GlippyをUbuntu起動時に自動起動するには、「基本的」タブの「ログイン時にGlippyを始める」オプションをチェックします。

「画像を保存」オプションをチェックすれば、クリップボードの履歴に画像を保存できます。

Ubuntu終了時に、クリップボード履歴を保存しておきたいときは、「終了時に履歴を保存する」をチェックしておきます。

Glippy Ubuntu PPA クリップボードマネージャ 履歴のオプション

クリップボード履歴の数などの設定は、「Interface」タブで行います。

「クリップボードのサイズ」オプションで、保存する履歴の数を設定します。

また、「ラベルの長さ」オプションで、履歴リストに表示するラベルの長さを設定できます。

ラベルが長すぎると履歴リストから選びにくいので、30ぐらいがちょうどいいですね。

パネルの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/233-ba39fc54

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed