Glipper 2.1 Unityパネルのインジケーターに対応したクリップボードマネージャ

Glipperとは?

Glipperとは、Ubuntu 11.04のUnityパネルに対応した、シンプルなクリップボードマネージャです。

Ubuntu Unityパネル Glipper クリップボードマネージャ

https://launchpad.net/glipper

Ubuntu 11.04 - Glipper クリップボードマネージャ
レビューバージョンインストール方法起動方法
Glipper 2.1Ubuntuソフトウェアセンターから「glipper」で検索してインストールインストール後、再ログインすると、Unityパネルのインジケーターに表示される

このブログでは、いままで多くのGNOMEパネルアプレットを紹介してきましたが、残念ながら、Ubuntu 11.04のUnityパネルでは、GNOMEパネルアプレットはサポートされていません。

Unityパネルは、アクティブなアプリの「グローバルメニュー」、インプットメソッドやネットワークを表示するための「インジケーター」、そして、各種システム通知を行う「通知エリア」から構成されています。

GNOMEパネルのときは、パネルを右クリックして、パネルアプレットを自由に追加できましたが、そもそもUnityパネルにはアプレットというものが存在しないため、使えなくなっています。

今回紹介するGlipperは、もともとGNOMEパネルアプレットでしたが、Ubuntu 11.04にあわせてUnityパネルをサポート、インジケーターにクリップボードマネージャを追加できます。

GlipperをインストールしてUnityパネルのインジケーターに表示する

GlipperをUbuntuソフトウェアセンターからインストールしたら、いったんUbuntuからログアウトします。

再ログインすると、UnityパネルのインジケーターにGlipperアイコンが表示されます。

Ubuntu Unityパネル Glipper クリップボードマネージャ 自動起動

Unityデスクトップの右上にある電源ボタンをクリック、メニューから「システムの設定」を選びます。

コントロールセンターから「自動起動するアプリケーション」を選ぶと、Glipperがログイン時に自動起動するプログラムに登録されているのがわかります。

Glipper クリップボードマネージャのオプションを設定する

Glipperのオプションを設定するには、インジケーターのGlipperアイコンをクリックして、メニューから「設定」を選びます。

Ubuntu Unityパネル Glipper クリップボードマネージャ オプション

テキスト選択時にクリックボード履歴にコピーしたくないときは、「Selection(mark/middle mouse button)」オプションをオフにします。

「Copy(Ctrl+C/Ctrl+V)」オプションをチェックしておけば、「Ctrl+C」キーでコピーしたときだけ、クリップボード履歴に登録されるようになります。

「Remenber clipborad history on restart」オプションをチェックすると、Ubuntuを再起動してもクリップボード履歴が残るようになりますが、パスワードをコピーしたときなどセキュリティの関係で、オフにしておいたほうがいいでしょう。

「Number of items in history」で、クリップボード履歴に表示するアイテムの数を設定します。

Ubuntu Unityパネル Glipper クリップボードマネージャ ポップアップ表示

Glipperでは、「Key combination for popup」に登録されているキーを押せば、このようにマウスカーソルのある位置に、クリップボードマネージャをポップアップ表示できます。ブログを書くときに、とても便利ですね。

パネルの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/257-66b441cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed