Ubuntu 11.04で最近使用したファイルなどZeitgeistの履歴をすべて削除する方法

Ubuntu 11.04 Zeitgeistの履歴をまとめて削除する

Ubuntu 11.04から、Zeitgeist(ユーザーの活動を記録して、データベース化するサービス)が導入されました。

Zeitgeistでは、アプリケーションやファイルを開いた履歴がすべて記録され、Unityダッシュの検索結果や、Unityパネル「ファイルとフォルダ」の「最近使用したファイル」に表示されてしまいます。

困ったことに、デフォルトの機能としては、Zeitgeistの履歴を削除できないめ、プライバシーの上で非常に問題がありますよね?

ここでは、Zeitgeistの履歴をまとめて削除する方法を紹介します。

※ Ubuntu forumsの以下の記事を参考にさせていただきました。

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1729516

Ubuntu 11.04 Zeitgeistのデータベースファイルを削除してZeitgeistのインスタンスを置き換える

Zeitgeistの履歴を削除するには、まず、ホームフォルダを開いて、「Ctrl + H」キーで隠しファイルを表示します。

Ubuntu Zeitgeist 履歴削除 activity.sqliteの削除

「~home/.local/share/zeitgeist」フォルダ内にある「activity.sqlite」が、Zeitgeistのデータベースファイルなので、削除します。

次に、Ubuntuの端末を起動して、以下のコマンドを実行します。

$ zeitgeist-daemon --replace

コマンドを実行すると、新しい「activity.sqlite」ファイルが作成されて、Zeitgeistの履歴が削除されます。

Ubuntu Zeitgeist 履歴削除

履歴が削除されていることを確認するため、Unityパネルの「ファイルとフォルダ」を表示してみましょう。

「最近使用したファイル」がセクションごと非表示になり、履歴が削除されていることがわかります。

なお、Zeitgeistデーモンのリプレイスコマンドを実行した後は、続いてデバック処理などのプロセスが実行され、コマンドプロンプトに戻りませんでした。

途中で端末を閉じて処理を中止しましたが、特に問題はないと思われます。

システム設定 システム情報の関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 17.10に適用したいおすすめのテーマ5つ Oct 22, 2017

Ubuntu 17.10に追加したいおすすめのGNOME拡張機能7つ Oct 21, 2017

Ubuntu 17.10 - 「A」から始まりGNOMEに原点回帰 Oct 20, 2017

Ubuntu 17.10にGNOME拡張機能をインストールする方法 Oct 19, 2017

More columns in applications view - アプリケーションビューの列数を変更するGNOME拡張機能 Oct 12, 2017

gkill - プロセス名で検索して強制終了するコマンドラインツール Oct 05, 2017

Bing Wallpaper Changer - Bingの壁紙をデスクトップの壁紙に自動設定するGNOME拡張機能 Sep 28, 2017

TaskBar - 起動中のアプリケーションをトップバーに表示するGNOME拡張機能 Sep 25, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com