Ubuntu標準の多機能ランチャー パネルの標準機能とカスタマイズ

パネルとはUbuntu標準の多機能ランチャーです

Ubuntuのデスクトップの上部と下部にあるバーをパネルといいます。

Ubuntu ランチャー パネル

パネルにはアプリ起動のランチャーやアプレットという小さなプログラムを配置したり、起動しているアプリケーションやワークスペースの切り替え機能などがあります。

Ubuntuの標準パネルに配置されている機能は?

Ubuntuには、標準で上部パネルと下部パネルの2つのパネルが配置されています。それぞれのパネルには以下のような標準機能があります。

Ubuntu上部パネルの標準機能

  • メニュー: Ubuntu標準メニューとして、アプリケーション、場所、システムメニューがあります。
  • ヘルプ表示: ほとんど日本語になっているので、けっこう使えます。
  • アップデート通知: アップデートアイコンが表示されたらクリックしましょう。
  • ネットワーク: ネットワーク接続の設定を行うためのアプレット
  • 言語設定: Ubuntuでは標準でAnthyという日本語入力を使います。
  • 音声: 音量調節、デバイス設定を行うためのアプレット
  • 日付と時刻
  • ユーザー切り替えとシャットダウン

Ubuntu下部パネルの標準機能

  • デスクトップの表示: すべてのウインドウを閉じてデスクトップを表示します。
  • アプリケーションの切り替え: 起動しているアプリケーションを切り替えます。
  • ワークスペースの切り替え: Ubuntuでは複数の仮想デスクトップが使えます。
  • ゴミ箱: ファイルやフォルダを削除すると、ここに入ります。

Ubuntuパネルにランチャーやアプレットを追加する

Ubuntuパネルランチャーやアプレットを追加するには、パネルを右クリックして、「パネルへ追加」を選びます。

Ubuntu ランチャー パネル ランチャー追加

カスタムアプリケーションのランチャー

好きなアプリケーションのランチャーを追加するためのアイテムです。

カスタムアプリケーションのランチャーを選んで追加ボタンをクリックすると、ランチャーの作成画面が開きます。ランチャーの追加方法は、アプリケーションメニューと同じです。

アプリケーションのランチャー

Ubuntuのアプリケーションメニューからランチャーをコピーして、パネルに追加できます。

Ubuntu ランチャー ランチャーコピー

パネルに追加したいアプリケーションメニューのランチャーを選んで、追加ボタンをクリックするだけなので簡単です。

アプレットを追加する

Ubuntuパネルには、標準アプレット以外にも様々なアプレットが用意されています。システム関係のアプレット「アプリの強制終了」、「システムモニタ」、「ネットワークの監視」などは、追加しておくと便利ですよ。

パネルに追加したアイテムを右クリックして「移動」を選べば、好きなように並べ替えることができます。また、「パネルから削除」を選べば、アイテムを削除できます。

Ubuntuパネルの表示方法をカスタマイズする

パネルを右クリックして「プロパティ」を選ぶと、パネルの表示方法をカスタマイズできます。

Ubuntu ランチャー パネル カスタマイズ

「全般」タブでは、パネルの向きやサイズ、表示方法を変更できます。また、「背景」タブではパネルの色や背景を設定できます。

パネルの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/3-ef5a316f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed