GParted USBハードディスクをext3でフォーマット

Gnome Partition Editor(GParted) フォーマットとは?

Gnome Partition Editor(GParted)とは、SourceForge GParted Projectが提供する、Ubuntuのハードディスクをフォーマットするためのアプリケーションです。

Ubuntu GParted フォーマット

Gnome Partition Editor(GParted) フォーマット
レビューバージョンインストール方法起動方法
GParted 0.3.8アプリケーションの追加と削除から「gparted」で検索システムメニューのシステム管理から

GPartedでは、USBハードディスクを、Ubuntu標準のファイルシステム ext3(イーエックスティースリー)にフォーマットできます。

※Ubuntu 9.10 から標準フォーマットが、ext4に変更になりました。

Ubuntu標準 ext3 ファイルシステムとは?

Windowsのファイルシステム(ハードディスクなどの記憶装置のデータ管理方式)といえば、FAT32やNTFSですが、Ubuntuでは標準ファイルシステムにext3を採用しています。

ext3のメリットは、フラグメンテーション(ディスクの断片化)が発生しにくいところです。

ハードディスクを使い込んでくると、フラグメンテーションが発生して、ファイルが分割保存されるようになります。そのためハードディスクの読み書き速度が低下し、また、ハードディスクのヘッド移動にも負荷がかかるため、ハードディスクの物理的な故障につながる可能性もあります。

市販のUSBハードディスクは、一般的にFAT32でフォーマットされているので、Ubuntu専用で使いたい場合は、ext3にフォーマットします。

※USBハードディスクをWindowsと共有で使いたいときは、WindowsとUbuntuの両方で読み書きできるFAT32のままで使いましょう。

GParted USBハードディスクをext3でフォーマットする

GPartedを起動したら、右上のデバイス一覧からフォーマットするUSBハードディスクを選びます。

Ubuntu GParted フォーマット USBハードディスクを選ぶ

UbuntuにはWindowsと違って、「Cドライブ、Dドライブ・・・」というのはありません。

SATAのハードディスクの場合、1台目が「sda」、2台目が「sdb」、以下「sdc・・・」という名前のデバイスファイルとして「/dev」ディレクトリに配置されます。また、「sda1, sda2」という続き番号はパーティションの番号を表します。

例えば、SATA内蔵ハードディスクが1台のPCの場合、内蔵ハードディスクは「/dev/sda」で、接続したUSBハードディスクは「/dev/sdb」となるので、リストからは「/dev/sdb」を選びます。

フォーマットするUSBハードディスクを選択したら、「パーティション」メニューから「アンマウント」を選びます。

Ubuntu GParted フォーマット USBハードディスク アンマウント

もう一度USBハードディスクを選択して、「パーティション」メニューから「フォーマット」-「ext3」を選びます。

Ubuntu GParted フォーマット USBハードディスク ext3 フォーマット

画面下に「/dev/sdb1をext3としてフォーマット」と表示されていることを確認します。

Ubuntu GParted フォーマット USBハードディスク フォーマット指定

ここまでの操作は、フォーマットの操作を指定しただけなので、取り消すことができます。

フォーマットを実行するには、「編集」メニューから「全ての操作を適用」を選択します。操作を適用した後は、取り消しできないので十分に注意しましょう!

GParted ext3フォーマットのハードディスクに書き込みできない!?

GPartedでext3にフォーマットしたUSBハードディスクに書き込もうとすると、「権限がない」というメッセージが表示され、書き込むことができません。

ext3フォーマットのUSBハードディスクに書き込むには、アクセス権を変更する必要があります。

USBハードディスクにログインユーザーのアクセス権を設定する

フォーマットしたUSBハードディスクをPCに再接続して、右クリックからプロパティを選びます。「Volume」タブでマウントポイントを確認します(通常は /media/disk)。

Ubuntuの端末から「$sudo nautilus」と入力し、管理者権限でファイルブラウザを起動し、マウントポイントを表示します。

Ubuntu GParted フォーマット ハードディスク マウントポイント

USBハードディスクのフォルダ(ここでは /media/disk)を右クリックして、プロパティを開き、「アクセス権」タブを表示します。

Ubuntu GParted フォーマット ハードディスク アクセス権

「所有者」をログインユーザー名に変更し、「フォルダのアクセス権」から「作成と削除」を選びます。

また、「グループ」もログインユーザー名に変更し、「フォルダのアクセス権」から「アクセスのみ」を選びます。

「これらの権限をフォルダ内のすべてのファイルに適用する」ボタンをクリックして、プロパティを閉じます。

このようにアクセス権を変更すれば、ログインした一般ユーザーでも、ext3フォーマットのUSBハードディスクに読み書きできるようになります。

ディスクの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/30-b07c8d5f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed