Indicator-Workspaces PPA パネルからすばやくワークスペースの切り替えができるインジケーター

Indicator-Workspacesとは?

Indicator-Workspacesとは、Unityのワークスペースを切り替えるためのパネルインジケーターです。

Indicator-Workspaces Ubuntu PPA パネル ワークスペースの切り替え

https://launchpad.net/~geod/+archive/ppa-geod

Ubuntu 11.04 - Indicator-Workspaces
レビューバージョンインストール方法起動方法
Indicator-Workspaces 0.6.2.2下記のコマンドを端末から実行してPPAリポジトリを追加後、Ubuntuソフトウェアセンターから「indicator-workspaces」で検索してインストールUbuntuダッシュから「indicator-workspaces」で検索して起動
$ sudo add-apt-repository ppa:geod/ppa-geod 
$ sudo apt-get update 

Indicator-Workspacesでは、パネルのプルダウンリストから選択するだけで、ワークスペースの切り替えができます。

Unityランチャーの「ワークスペース」のような視覚効果を使用していないので、すばやくワークスペースを切り替えたいときに便利です。

Indicator-Workspaces オプションでワークスペースの数と表示列を変更する

Indicator-Workspacesでは、ワークスペースの数や表示する列数を、好みに合わせて変更できます。

Indicator-Workspaces Ubuntu パネル ワークスペースの切り替え オプション

オプション変更は、プルダウンメニューの「設定」から行います。

「Number of workspaces」がワークスペースの数で、「Show all workspaces in」がそれを表示する列数です。

Indicator-Workspaces Ubuntu パネル ワークスペースの並び方

例えば、ワークスペースの数を「6」、表示する列数を「2」として、Unityランチャーの「ワークスペース」で確認すると、このようにワークスペースが並びます。

Indicator-Workspacesでのワークスペースの切り替えは、リストから数値を選ぶだけなので、あまり列数は関係ないかもしれませんね。

また、「Start indicator at login」オプションをオンにしておけば、Ubuntu起動時に自動起動してくれます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/312-67ec1251

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Status Area Horizontal Spacing - トップバーのアイコン間隔を自由に調整するGNOME拡張機能 Sep 18, 2017

Gifcurry - 簡単操作で動画をGIFアニメに変換 Sep 14, 2017

Poppy Menu - macOSのアップルメニューライクなGNOME拡張機能 Sep 11, 2017

Googler - 端末からGoogle検索できるコマンドラインツール Sep 07, 2017

LosslessCut - 動画を無劣化でカットする実行ファイル形式の動画編集アプリ Sep 05, 2017

Ubuntu 17.10までのリリースとコードネームとマスコット Aug 31, 2017

Rainlendar - デスクトップ上で自由にパーツを配置できるカレンダーアプリ Aug 29, 2017

GNOMEのトップバーを透明/グラデーション/ストレートにする3つの拡張機能 Aug 25, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed