Ubuntu 11.10 ファイル形式ごとにデフォルトのアプリケーションを好きなアプリに変更する

Ubuntu 11.10 システム情報でカテゴリ別のデフォルトのアプリを変更する

Ubuntu 11.10では、まず、システム設定のシステム情報で、ブラウザ、音楽、動画などのカテゴリ別に、デフォルトのアプリケーションを変更できます。

デフォルトのアプリを変更するには、パネルの電源インジケーターをクリック、メニューから「システム設定」を選びます。

システム設定から「システム情報」アイコンをクリックして、システム情報を開きます。

Ubuntu システム情報 デフォルトのアプリケーション

カテゴリ別のデフォルトアプリは、「デフォルトのアプリケーション」メニューで変更できます。

それぞれのリストをクリックすると、変更できるアプリケーションが表示されるので、好みのアプリを選択しましょう。

なお、アプリのリストには、インストールされているすべてのアプリケーションが表示されるわけではありません。

Ubuntu 11.10 ファイルのプロパティでファイル形式ごとにアプリを変更する

システム情報でアプリを変更したとしても、すべてのファイル形式で有効にならない場合があります。

例えば、システム情報で動画のアプリをSMPlayerに変更しても、WebM形式の動画をダブルクリックすると、あいかわらずTotem動画プレイヤーが起動してしまいます。

ファイル形式ごとに、デフォルトのアプリを変更するには、そのファイルを右クリックして、「プロパティ」を選びます。

Ubuntu ファイル形式 デフォルトのアプリケーション

「開き方」タブを選んで、リストからデフォルトに設定したいアプリケーションを選択します。

好みのアプリがリストに表示されていないときは、「別のアプリケーションを表示する」ボタンをクリックすれば、「他のアプリケーション」に追加候補が表示されます。

デフォルトにしたいアプリを選択して、「デフォルトに設定する」ボタンをクリックすれば、以後そのファイル形式をダブルクリックすると、指定したアプリで開くようになります。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/324-9fc87321

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed