Lookit PPA Unityパネルから使う画面キャプチャのインジケーター

Lookitとは?

Lookitとは、Unityパネルから使う画面キャプチャのインジケーターです。

Lookit Ubuntu 画面キャプチャ パネル

https://launchpad.net/~lookit/+archive/ppa

Ubuntu 11.10 - Lookit 画面キャプチャ
レビューバージョンインストール方法起動方法
Lookit 1.1.0端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してLookitをインストールDashホームから「lookit」で検索して起動
sudo add-apt-repository ppa:lookit/ppa 
sudo apt-get update
sudo apt-get install lookit

※ 不要になったPPAリポジトリの削除は、アプリをアンインストール後、システム設定から「ソフトウェアソース」を起動して、「他のソフトウェア」タブから行います。

Lookitでは、選択エリア、画面全体、アクティブなウィンドウの画面キャプチャを、パネルのインジケーターからすばやく撮影できます。

また、ディレイ(遅延時間)も設定でき、撮影した画像はすぐにPNG形式で保存してくれるので、次々に画面キャプチャを撮って保存することができます。

Lookit 画面キャプチャの保存先を指定して連続撮影する

Lookitをインストールしたら、まず、画面キャプチャの保存先を設定しましょう。

パネルアイコンをクリックして、メニューから「Preferences」を選びます。

Lookit Ubuntu 画面キャプチャ PNG画像の保存先フォルダ

「General」タブの「Save to」で、PNG画像の保存先フォルダを指定します。

Ubuntu起動時にLookitを自動起動したいときは、「Start Lookit on login」オプションをチェックしておきます。

「Delay」のスライダーで、画面キャプチャするまでの遅延時間(秒)を指定したら、設定は完了です。

画面キャプチャを撮ると、指定したフォルダにPNG画像が保存されていきます。

Lookit Ubuntu 画面キャプチャ パネルのメニュー

ディレイの変更は、パネルアイコンのメニューからもできるので、便利ですね。

Lookit ディレイでメニューの画面キャプチャができない

通常アプリケーションのメニューを画面キャプチャしたいときは、まずメニューを表示しておいて、ディレイを設定した範囲選択で撮影します。

Lookitでこれを行おうとすると、マウスで範囲選択するときに、メニューが閉じてしまいます。

範囲選択時に、撮影画面が固定されていないのでは、せっかくのディレイも使えないですね、残念です。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/332-dcdb73c8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed