Ubuntu 11.10 Unityのグローバルメニューを無効にしてアプリケーションのウィンドウに戻す方法

Unityのメニューをアプリケーションのウィンドウに戻したい

GIMPのようにメニュー項目の多いアプリケーションをつかっていると、グローバルメニューがパネルのインジケーターに重なってしまい、非常に使いづらいですよね?

Ubuntu Unity グローバルメニューを無効にする

「やっぱり、アプリケーションのメニューは、それぞれのウィンドウにあったほうが使いやすい。」

というときは、グローバルメニューのパッケージをアンインストールして、アプリケーションメニューを元のウィンドウに戻しましょう。

Unityのグローバルメニューをすべてのアプリケーションで無効にする

Ubuntu 11.10でUnityのグローバルメニューを無効にするには、Synapticから関連するパッケージを削除します。

Ubuntu Unity グローバルメニューのパッケージを削除

まず、SynapticのQuick filterで、「appmenu」と検索します。

次に、「appmenu-gtk」、「appmenu-gtk3」、「indicator-appmenu」の3つのパッケージをそれぞれ右クリックして、完全削除指定します。

FirefoxやThunderbirdを使っている方は、合わせてそれらのグローバルメニューのパッケージも、完全削除指定してください。

ツールバーの「適用」アイコンをクリックして、パッケージを削除したら、Ubuntuを再起動してみましょう。

Unityのグローバルメニューが無効になり、メニューがそれぞれのアプリケーションウィンドウに表示されるようになります。

なお、元にもどしたいときは、削除したパッケージを再インストールして、再起動してください。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/352-275e1266

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed