TermSaver Ubuntuの端末にテキストベースのスクリーンセーバーを表示する

TermSaverとは?

TermSaverとは、コマンドラインから起動するスクリーンセーバーです。

TermSaver Ubuntu コマンド スクリーンセーバー

HOME: http://www.termsaver.info/

Download: http://pypi.python.org/pypi/termsaver/

Ubuntu 11.10 - TermSaver スクリーンセーバー
レビューバージョンインストール方法起動方法
TermSaver 0.1端末からセットアップスクリプトを実行端末から「termsaver」コマンドで起動

TermSaverは、Ubuntuの端末にアスキー文字だけでスクリーンセーバーを表示します。

スクリーンセーバーは全部で10種類あり、時計やアスキーアート、また、RSSフィードを表示することもできます。

TermSaver インストールして端末にスクリーンセーバーを表示する

TermSaverをインストールするには、まず、ダウンロードページから「termsaver-0.1.tar.gz」アーカイブをダウンロードして、ホームフォルダに解凍しておきます。

Ubuntuの端末を起動して、以下のコマンドを実行します。

$ cd termsaver-0.1
$ sudo python setup.py install

インストールが完了したら、早速「termsaver」コマンドを実行してみましょう。

TermSaver Ubuntu コマンド スクリーンセーバー マニュアル

コマンドオプションや、スクリーンセーバーの種類が表示されます。

例えば、時計を表示するには、以下のようにスクリーンセーバーの名前「clock」を指定すればOKです。

$ termsaver clock

また、アスキーアートなら「asciiartfarts」オプションです。

$ termsaver asciiartfarts

TermSaver Ubuntu コマンド スクリーンセーバー アスキーアート

このようにRSSフィードのURLを指定すると、フィードの内容を次々と表示することもできます。

$ termsaver rssfeed -u http://feeds.feedburner.jp/ubuntuapps

TermSaver Ubuntu コマンド スクリーンセーバー RSSフィードの表示

TermSaverは、あくまでも端末にスクリーンセーバーライクなものを表示するだけで、Ubuntuのスクリーンセーバーを置き換えるものではありません。

スクリーンセーバーを終わらせたいときは、「Ctrl + C」キーでプロセスを終了させましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/381-028554df

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

VidCutter 4.0.0が起動できないときの対処法 Aug 16, 2017

IP Finder GNOMEのトップバーにグローバルIPアドレスと国旗を表示する拡張機能 Aug 15, 2017

Selene v17.7 デザインが一新されより使いやすくなった動画変換アプリ Aug 11, 2017

Cryptkeeper - パスワードを設定したフォルダを簡単に作成できる暗号化フォルダマネージャ Aug 08, 2017

Simple net speed - ネットスピードの表示をクリックで切り替えるGNOME拡張機能 Aug 04, 2017

Blyr - オーバービューの背景にぼかし効果を追加するGNOME拡張機能 Aug 01, 2017

Tilix - GNOME HIGに準拠したタイル型ターミナルエミュレータ Jul 28, 2017

Weather - 現在の天気を巨大なアスキーアートで表示するコマンドラインツール Jul 25, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed