Windows XPマシンにUbuntuをインストールして4年間使い続けて 今後もUbuntuを使い続ける10の理由

Ubuntuをインストールして4年間使い続けた理由をまとめてみます

Ubuntu

もうすぐUbuntu 12.04 LTSのリリースですね。私がUbuntu 8.04 LTSから使い始めて9代目、使い続けて4年になろうとしています。

そこで、自分なりにUbuntuを使い続けた理由を、まとめてみたいと思います。

1. インストールが簡単で短時間で完了する ハードウェアとの互換性が高い

Ubuntu Download

Ubuntuのインストール手順は、まず、ダウンロードページからISOイメージ(Ubuntu 11.10 デスクトップ版では約700MB)をダウンロード、ライティングソフトでライブCDを作成します。

※ Ubuntu Download: http://www.ubuntu.com/download/ubuntu/download

インストールを開始する前に、まずは、ライブCDからUbuntuが起動できるか試してみましょう。

無事起動できたら、ネットワークがつながるか、画面表示が正常かなどの動作確認をして、問題なければそのままインストールを開始します。

最初に、ディスク領域の割当てやユーザー情報の入力など、いくつかの質問に答えるだけで(インストール時間短縮のため、同時進行でファイルのコピーも行われる)、登録や認証などのわずらわしい作業は、一切不要です。

あとは、放っておけば、30~40分程度でインストールが完了します。

今まで8回のバージョンアップを経験しましたが、インストール自体を失敗したことはありません。また、インストール後のトラブルも、9.xで無線LANがつながりにくかった、古いプリンタが使えなかった、ということぐらいですね。

私が使用しているWindows XPマシン(EPSON NJ1000)と、Ubuntuとの相性がよかった、ということもあるでしょうが、数あるLinuxディストリビューションの中でも、ノートPCやデスクトップPCとの高い互換性があるのは、やはりUbuntuだと思います。

以下、Ubuntu Certified hardware(Ubuntu認定のPCリスト)や、ubuntu forumsによるのハードウェアの互換性リストなど、Ubuntuをインストールするパソコンを選ぶ際に、参考になるサイトをいくつか紹介します。

※ Ubuntu Certified hardware http://www.ubuntu.com/certification/

※ HardwareSupport - Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/HardwareSupport/

※ Desktop Hardware Compatibility List - ubuntu forums http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=361236

※ Laptop COMPATIBILITY List - ubuntu forums http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1543006

※ Linux Hardware Compatibility List http://linuxhcl.com/

※ HardwareSupport - Ubuntu Japanese Team Wiki https://wiki.ubuntulinux.jp/HardwareSupport

2. Windouws XPマシンでも快適に動作する

Ubuntu Memory Usage

Ubuntuデスクトップ版のシステム要件は、Ubuntu 11.04 Unityで、1GHz CPU(x86)、1GBのメモリ、15GBのハードディスク空き容量です。

※ Installation System Requirements https://help.ubuntu.com/community/Installation/SystemRequirements

初期のものを除いて、Windows XP以降のWindowsマシンなら、ほとんどがクリアできるシステム要件ではないでしょうか?

私の環境は、CPU Intel Celeron M430 1.72GHz、メモリ1GB、内臓ハードディスク40GBなので、Unityだとほぼぎりぎりですね。

Ubuntu起動時のメモリ使用量は、Windows XPライクなデスクトップ環境「Cinnamon」なら、約200MBと少ないです。

例えば、私がブログを書くときに起動するアプリは、Google Chromeでタブ3~5個開く、Nautilus、Leafpad、GIMP、Ksnapshot、それと記事にするアプリ、他にもSysPeekやGlipperがパネルに常駐しています。

これだけのアプリを起動しても、メモリ使用量530MB、スワップはわずかに50MB未満で、十分に快適に動作します。

マルチメディア関係は、私のPCのスペックでは重く感じるときもありますが(そろそろCore i3かi5のPCに買い換えようかと思ってます。)、それでもYouTube動画や、ローカルに保存した720p HD動画であれば、ふつうに再生できますよ。

3. 頻繁にアップデートがあるが再起動しなくていい

Ubuntu Update Manager

Ubuntuでは、だいたい週に2~3回、ソフトウェアやセキュリティのアップデートがあります。

アップデートがある場合は、Ubuntu起動後に「アップデートマネージャー」が自動的に開いて、更新を知らせてくれます。

更新処理は数分で終わり、アップデート中でも、原則として作業を中断してアプリを終了する必要はありません。

また、数ヶ月に1回程度あるLinuxカーネルのアップデート以外は、Ubuntuを再起動する必要もありません。

4. 依存関係が保たれるのでアプリの追加や削除が安心してできる

Ubuntu Package Management System

Ubuntuでは、数千のアプリケーションを、インターネット上のリポジトリから無料でインストールでき、アプリの追加や削除の方法は、主に3通りあります。

Ubuntuソフトウェアセンターでは、ビジュアルでアプリの画像を見ながら、好みのアプリを探してインストールできます。また、リポジトリにないdebパッケージを追加するときも、ソフトウェアセンターを使います。

インストールしたいアプリが決まっているときは、より高速にインストールできる「Synapticパッケージマネージャ」を使います。

また、PPAから最新のアプリをインストールするときなどは、そのまま端末のコマンドラインからインストールします。

これらアプリの追加や削除に共通することは、パッケージ管理システムにより依存関係が保たれるということです。

依存関係とは、あるアプリをインストールするときに、その動作に必要なパッケージを自動的に検出してインストール、また、削除するときにも、他のアプリで使用するパッケージは削除しない、という機能です。

パッケージ管理システムのおかげで、ユーザーは特に知識がなくても、アプリケーションの追加や削除を気軽にできるわけですね。

私は、年間70~80回ぐらいは、アプリケーションの追加と削除を行いますが、アプリの追加と削除でUbuntuの動作がおかしくなったことはありません。

※ リポジトリ: Ubuntuアプリのパッケージが保管してある場所。公式リポジトリは、Main、Restricted、Universe、Multiverseの4種類あり、サポートやライセンスが異なる。
Repositories Ubuntu https://help.ubuntu.com/community/Repositories/Ubuntu

※ debパッケージ: Debian系のLinuxで利用されるソフトウェアパッケージ。主にアプリの開発者サイトからダウンロードしてインストールできる。

※ PPA(Personal Package Archive): Ubuntu開発の中心であるプロジェクトホスティングサイトLaunchpad内で、アプリ開発チームまたは個人ごとに管理しているリポジトリ。最新のアプリをインストールできる。

5. 使えるアプリケーションが豊富にある

Ubutnu Software Center

Windows XPからUbuntuに乗り換えて4年、無料のアプリだけで特に困ったことはありません。

挙げるときりがないので、ここでは私がメインで使っている、おすすめのUbuntuアプリを紹介します。

【 Webブラウザ 】

最近は、Google Chromeがメインです。Firefoxを使っているとUbuntuがハングアップすることが多かったのですが、Chromeは安定していますね。

【 メールクライアント 】

Gmailがメインなので、あまり頻度は多くないのですが、「Thunderbird」が使いやすいですね。他にも「Evolution」や「Sylpheed」がおすすめです。

【 オフィスソフト 】

LibreOfficeがあれば、他は必要ないかも。もちろんWordやExcelとの高い互換性があります。PDFビューアは、とにかく動作が軽いものが好きで、「zathura」や「MuPDF」を使っています。

【 音楽プレイヤー 】

「Minitunes」が、シンプルで使いやすいですね。MP3のタグ編集には、「Ex Falso」が便利です。

【 動画プレイヤー/動画変換 】

最近は、VLCよりも「SMPlayer」がメインですね。動作が安定していて、スムーズに再生できます。

動画変換は、「WinFF」が一番安定して使えますね。変換するだけで、海外動画の字幕を削除することもできます。

【 CD/DVDリッピング CD/DVD作成 】

CDリッピングは「Asunder」がシンプルで使いやすく、DVDリッピングなら「Arista」や「OGMRip」が、豊富なプリセットが利用できるので便利です。

動画ファイルからDVD-VideoフォーマットのISOイメージを作るなら、「DeVeDe」がDVDメニューも作成できて簡単です。

ISOイメージの書き込みには、「GnomeBaker」や「Xfburn」を使っています。また、DVD-VideoフォーマットのISOイメージは、TotemやVLCでファイルを開くだけで簡単に再生できますよ。

【 グラフィックス 】

画像ビューアは画像の一括変換もできる「gThumb」、画像編集には「GIMP」を使っています。画面キャプチャを撮るなら、「KSnapshot」が使いやすいですね。

【 アクセサリ 】

テキストエディタは超軽量の「Leafpad」、アーカイブの解凍は「Ark」なら解凍したフォルダ名が文字化けしません。クリップボードマネージャは、パネルのインジケーターで使うタイプの「Glipper」が便利です。

6. アプリケーションの設定を簡単にバックアップできる

Ubuntu Application Settings

Ubuntuのホームフォルダで、「Ctrl+H」キーを押すと、先頭にピリオドが付いたフォルダが、たくさん表示されます。

これらは、アプリケーションごとに、ユーザーの設定を保存しているフォルダです。

アプリによって、ホームフォルダ直下に設定フォルダを生成するか、「.config」フォルダ内に生成するかは異なります。

Synapticで完全削除指定して、アプリケーションを削除しても、設定フォルダが削除されることはありません。もう一度同じアプリをインストールすれば、いままでと同じ設定で使うことができます。

また、設定フォルダをバックアップしておけば、Ubuntuをインストールしなおした場合でも、そのフォルダをホームフォルダに戻すだけで、同じ設定を使うことができます。

7. デスクトップ環境やテーマの変更など自由にカスタマイズできる

Ubuntu Cinnamon

OSの一番重要な要素、私はユーザーインターフェースだと思います。使いにくいインターフェースで、好きになれないのでは、それ以上のことは望めません。すべてがストレスになります。

Linuxでは、OSのインターフェースのことを「統合デスクトップ環境」といいます。

Ubuntuのデスクトップ環境は、11.04でGNOMEからUnityに変更になりました。Unityはランチャーの位置が固定されるなど、カスタマイズ性が低く、好きになれないユーザーも多かったようです。

それでも、Ubuntuでは特に問題ではありません。デスクトップ環境を自由に変更できるからです。

他のLinuxディストリビューションで採用されているGNOME、KDE、Xfceなど、複数のデスクトップ環境から、好みのものを選んでインストールすれば、ログイン画面で選択するだけで、すぐに切り替えることができます。

最近、新たに開発されたCinnamonは、GNOME2のWindows XPライクなインターフェースに、GNOME3の最新機能を搭載したデスクトップ環境で、Unityよりも動作が軽くお気に入りです。

また、デスクトップテーマやアイコンテーマは、deviantARTGNOME-LOOKから、好みのものをダウンロードして適用できます。膨大な数のテーマが登録されており、更新頻度も高いので、飽きないですね。

8. ハードディスクが断片化しにくい ディスクチェックが数十秒で終わる

Ubuntu Disk Utility

Ubuntuには、Windows XPのようなデフラグツールはありません。というか、必要ないんですね。

Ubuntuのファイルシステムは、ext4(fourth extended file system)が採用されています。

ext4には、extent file writingという、ファイルの断片化を防ぐための機能が搭載されているので、ハードディスクが断片化して処理速度が落ちるということが、発生しにくくなっています。

まだ、ディスクエラーを発見して修復するためのディスクチェックも、ほんの数十秒で終わります。

ディスクチェックは外付けのハードディスクならUbuntu標準の「ディスクユーティリティ」から、ブートディスクなら「forcefsck」コマンドから実行できます。

さらに、ディスクユーティリティには、SMARTを利用したセルフチェック機能もあり、常にハードディスクの健康状態を監視できます。

※ SMART(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology): ハードディスクに内臓された自己診断機能のこと

9. ウイルスに強いLinux

Ubuntu Virus Scan

UbuntuなどのLinuxが、ウイルス感染しにくいといわれるのには、いくつかの理由があります。

まず、一般的な理由として、圧倒的にユーザーが少ない(世界のデスクトップユーザーの1%以下)、そして、カーネルが頻繁にアップデートするので、ウイルスプログラムが動作しなくなる可能性もあり、ウイルス作成者の割に合わない。

また、Linuxを使っているユーザーは、Windowsユーザーよりも技術力が高くセキュリティ意識も高い、ということも言われています。

ネットワークについては、Ubuntuはデフォルトですべてのポートを閉じており、ファイヤーウォールの設定も「Gufw」で簡単にできます。

アプリケーションのインストールで、ウイルスに感染する可能性についてですが、Ubuntuの公式リポジトリで保管されているアプリは、徹底的にテストされているそうなので、まず安全といっていいでしょう。

また、PPAもLanchpad管理下にあるので、公式ほどではないにせよ安心できると思います。

個々のdebパッケージやテーマのアーカイブについては、私はダウンロードした直後に「ClamTk」でスキャンすることにしていますが、いままでウィルスが検出されたことはありません。

万一ウイルスが侵入したとしても、Ubuntuにはいくつかの対策が施されています。

まず、Ubuntuは、拡張子だけでファイルの属性を判断することはないため、拡張子の偽装は意味がありません。

そして、Ubuntuのファイルには、読み取り権限、書き込み権限以外にも、「実行権限」というものがあります。

ブラウザからのダウンロードやメール添付のような、外部からの実行ファイルには「実行権限」が与えられないため、ウイルスプログラムが侵入して実行しようとしても、こちらから権限を与えない限り実行できません。

さらに、「AppArmor」という機能もあります。これは、プロファイルのデータベースにより、本来の動作と違う動作をするアプリケーションの実行を防ぐ、という機能でUbuntuでは7.10以降デフォルトで有効になっています。

AppArmorにより、裏で不正行為を処理するような、偽装アプリケーションの実行も難しくなっています。

※ AppArmor - Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/AppArmor

ユーザー側のウイルス対策としては、Ubuntuデスクトップには、Windowsのような常駐型アンチウイルスソフトは必要ありません。というか、私の知る限りないですね。

ただし、ブラウザやメール経由でウイルスが侵入し、それをWindowsユーザーに渡してしまう危険性はあります。Windowsユーザーにファイルを送信する前には、必ず、ClamTkなどでスキャンしてから渡すようにしましょう。

※ Linuxvirus - Community Ubuntu Documentation https://help.ubuntu.com/community/Linuxvirus

10. Ubuntuは楽しいと思う限り使い続けます

最後に、「Ubuntuは楽しい」、これがUbuntuを使い続ける最大の理由です。

Ubuntuでいろいろなアプリを試すのが楽しい、デスクトップをカスタマイズするのが楽しい。海外の関連サイトをみて知識が増えていくのが楽しい、バージョンアップして新機能に触れるのが楽しい、そして、トラブルを解決できたら嬉しい。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/383-d0ea97da

0件のトラックバック

4件のコメント

[C33]

XPから11.04に移行して1年立ちましたがubuntuはlinuxというイメージがないですね
不満なのはゲームくらいです

[C34] 有用な情報ありがとうございます。

普段はXubuntu、lubuntu、Linuxmint、Ecolinuxを主に使っているのですが、専門的な知識がないため役立つ情報を探しています。沢山あるアプリの中から便利で扱い易いものなども知りたいので懇切にかかれているこちらのページは大変有難いです。

[C60] いい情報ありがとうございます。

xpのアップデート期限切れで、
乗り換えようと思ってたのですが、
ドライバが多くあるのは助かります。
  • 2013-04-03
  • なべ
  • URL
  • 編集

[C61] ありがとうございます

XPのサポート期限が切れる前に、4台のパソコンをどうしようかと思っていたところ、貴重な情報をありがとうございます。書店に行って「絶対つまずかないlinux超入門を買ってきました。付属のubuntu12.04をインストールしてみました。そのままで、音が出る、LANにつながるってスゴイです。もっと勉強して快適に使えるようになろうという気持になれました。ありがとうございます。
  • 2013-04-11
  • QP
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed