Unityパネルのサウンドメニューの音楽プレイヤーを好みのものに変更する

好みの音楽プレイヤーをサウンドメニューに表示する

Ubuntu 12.04のデフォルト音楽プレイヤーはRhythmboxで、Unityパネルのサウンドメニューにもコントロールが統合されています。

Ubuntu Unity パネル サウンドメニュー 音楽プレイヤーの変更

dconf Editorを使えば、Rhythmboxに代えて、好みの音楽プレイヤーをサウンドメニューに表示することができます。

dconf Editorでサウンドメニューの音楽プレイヤーを変更する

まず、Synapticから、「dconf-tools」で検索してインストールしたら、Dashホームから「dconf editor」で検索して起動します。

Ubuntu Unity パネル サウンドメニュー dconf-Editor

ここでは、サウンドメニューに表示する音楽プレイヤーを、BeatBoxに変更してみます。

まず、左側のツリーから、「com」-「canonical」-「indicator」-「sound」を選びます。

次に、この画面のように、「blacklisted-media-players」エントリの値を「['rhythmbox']」に、「interested-media-players」の値を「['beatbox']」に変更します。

あとは、Ubuntuを再起動すれば、パネルのサウンドメニューからBeatboxを起動したり、楽曲の再生をコントロールできるようになります。

ただ、Rhythmboxの場合と動作が違うのは、BeatBoxに変更した場合、メインウィンドウを閉じてしまうと、楽曲の再生も終了してしまいますね。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/391-f3c73271

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed