Ubuntuのthumbnailsフォルダを削除してディスク容量を節約する

thumbnailsフォルダとは?

Ubuntuでは、Nautilusで画像や動画を表示すると、そのサムネイルが自動的に生成されて、ホームフォルダ内の隠しフォルダ(Ctrl+Hで表示)「.thumbnails」に保存されていきます。

Ubuntu thumbnails フォルダ

このサムネイルは、ユーザーがファイルを探しやすくするため、同じフォルダを再表示したときに使われるのですが、削除せずに放っておくと、数百MBになることがあります。

ここでは、Ubuntuのサムネイルを削除して、ディスク容量を節約する方法を紹介します。

手動でthumbnailsフォルダごと削除する

いちばん手っ取り早い方法です。Nautilusで、ホームフォルダの「.thumbnails」フォルダごと削除してしまいます。

フォルダを削除しても、次にNautilusで画像や動画が読み込まれた時は、自動的に「.thumbnails」フォルダが生成されるので、システム上特に問題ありません。

BleachBitで安全にサムネイルを削除する

手動で消すのはちょっと怖いという方には、BleachBitがおすすめです。

Ubuntu サムネイル削除 BleachBit

削除するサムネイルのリストや、増加するディスク容量を確認しながら、安全に削除できます。

gconf-editorでサムネイルの保存期間を短く変更する

Ubuntuでサムネイルの保存期間は180日と、かなり長く設定されています。

サムネイルの保存期間を変更するには、まず、Synapticから「gconf-editor」をインストールしておきます。

Ubuntu サムネイルの保存期間 gconf-editor

gconf-editorを起動したら、左側のツリーから「desktop > gnome > thumbnail_cashe」と選んで、「maximum_age」の値を、例えば1週間なら「7」に変更しておきます。

同様に「maximum_size」で、サムネイルフォルダの容量を変更することもできます。

サムネイルを自動生成させないように設定する

サムネルの自動生成をオフにすることもできます。Nautilusのメニューから「編集」-「設定」を選んで、「ファイル管理の設定」を開きます。

Ubuntu サムネイルを自動生成しない

「プレビュー」タブにある「サムネイルの表示」を「しない」に設定すれば、以後サムネイルが表示されなくなります。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/434-d65b4230

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed