Ubuntu 12.10のインストールとインストール直後のシステム設定

Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal 2012.10.18 リリース

Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal(クワンタル・ケツァール: 量子のケツァール)が、2012年10月18日に正式リリースされました。

Ubuntu 12.10

http://www.ubuntu.com/

Ubuntu 12.10の主な変更点や新機能は、以下のとおりです。

  • イメージサイズが増加したため、ライブCDではなくライブDVDが必要になった。
  • アップデートマネージャがシステム設定の「詳細」に統合され、ソフトウェア・アップデータに名前を変更した。
  • システム設定に、Google、Twitterなどの「オンラインアカウント」モジュールが追加された。
  • Dashの検索結果に、Amazonの商品が含まれるようになった。
  • Dashの検索結果で、アプリやファイルを右クリックすると、プレビューを表示できる。
  • 起動していないアプリのLauncherアイコンの背景が透明になった。
  • 電源インジケーターのメニューから自動起動するアプリの設定が削除された。
  • LibreOffice 3.6.2へバージョンアップ、グローバルメニューが有効になった。
  • GIMP 2.8.2へバージョンアップ、シングルウィンドウモードが使える。

ここでは、Ubuntu 12.10のインストール手順と、インストール直後にやっておきたいシステム設定を紹介します。

Ubuntu 12.10 ISOイメージをダウンロードしてライブDVDを作成する

Ubuntu 12.10インストールするには、まず、Desktop Ubuntuのページから、Ubuntu 12.10のISOイメージをダウンロードします。

※ Desktop Ubuntu: http://www.ubuntu.com/download/desktop

次に、ダウンロードしたISOイメージから、Ubuntuであれば標準の「CD/DVD クリエーター」で、ライブDVDを作成します。

WindowsでのライブDVDの作成方法は、以下のページにバージョンごとの詳しい説明があるので、参考にしてください。

※ How to burn a DVD on Windows: http://www.ubuntu.com/download/help/burn-a-cd-on-windows

Ubuntu 12.10 ライブDVDからUbuntuを起動して動作確認をする

まずは、ライブDVDからUbuntuを起動できるか確認してみましょう。

Ubuntu 12.10 ライブDVDから起動

ライブDVDの起動画面から「日本語」を選択、「Ubuntuを試す」ボタンをクリックして、Ubuntuが起動できればOKです。

あとは、モニタの表示、無線LANの接続、キーボードやマウスの動作など、一通り周辺機器の動作をチェックします。

Ubuntu 12.10 ハードディスクにインストール

ライブDVDでの動作確認が済んだら、デスクトップ左上の「Ubuntu 12.10のインストール」アイコンをクリックして、Ubuntuのインストールを開始します。

Ubuntu 12.10 インストール開始

Ubuntuのインストールは、最初にいくつかの簡単な質問に答えるだけで、30分程度で完了します。

Ubuntu 12.10 インストール確認

まず、インストールの準備として、ハードディスクの容量やインターネット接続の確認が行われます。

Ubuntu 12.10 インストールの種類

次に、インストールの種類を選択します。アップグレードするか、他のOSとデュアルブートにするか、削除してクリーンインストールかを選びます。

Ubuntu 12.10から、インストールの暗号化やLVM(logical volume manager)の利用といった、新たなオプションが追加されていますが、オフのままでかまいません。

ここで、「続ける」ボタンをクリックすると、すぐにファイルのコピーが始まり、後戻りできなくなるので、十分に確認してください。

※ パーティション分けされたハードディスクに、「・・・を削除して再インストール」を選んでクリーンインストールすると、すべてのパーティションは削除されます。

続いて、住んでいる場所とキーボードレイアウトが自動検出されるので、「続ける」ボタンをクリックして次に進みます。

Ubuntu 12.10 インストール ユーザー情報の入力

ユーザー情報の入力です。コンピューター名、ユーザー名、ログインパスワードを入力します。

Ubuntu 12.10 インストール ユーザーの写真を選択

質問の最後は、ログインユーザーに表示される写真の選択です。Webcamが付いているPCなら、ここで写真を撮影することもできます。

Ubuntu 12.10 インストール スライドショー

あとは、スライドショーを見ながら、インストールが完了するのを待ちましょう。

Ubuntu 12.10 インストールの完了

「今すぐ再起動する」ボタンをクリックすると、ライブDVDがイジェクトされるので、DVDを取り出して「Enter」キーでハードディスクからUbuntuを起動します。

Ubuntu 12.10 ソフトウェア・アップデータでアップデートを確認する

Ubuntu 12.10では、アップデートの確認方法が変更され、名称も「ソフトウェア・アップデータ」になりました。

パネルの右端にある電源アイコンをクリックして、メニューから「このコンピューターについて」を選びます。

Ubuntu 12.10 アップデートの確認

すると、システムの詳細画面が表示され、自動的に更新がチェックされます。

システムが最新になっているときは、右下のボタンに「システムは更新済み」と表示されます。

また、「更新をインストール」と表示されたら、クリックしてアップデートしましょう。

Ubuntu 12.10 Dashの検索結果にAmazonの商品を表示させない

Ubuntu 12.10を起動すると、LauncherにAmazonアイコン(単なるリンクです)が表示されているのに気づくと思います。

また、Dashの検索結果には、Amazonの商品検索結果も表示されるようになりました。

Ubuntu 12.10 Dash検索 Amazon

Dashの検索結果にAmazonを表示したくないときは、まず、パネルの右端にある電源アイコンから「システム設定」を選びます。

さらに、システム設定から「プライバシー」アイコンをクリックします。

Ubuntu 12.10 プライバシーの設定

「検索結果」タブにある「オンラインの検索結果を含める」オプションをオフにすれば、Dash検索にAmazonが表示されなくなります。

また、Dash検索にファイルの使用履歴を表示したくないときは、右下の「アクティビティの記録」をオフにして、「最近のアイテム」タブから履歴を削除しておきましょう。

Ubuntu 12.10 頻繁に表示されるシステムエラーのクラッシュレポートを無効にする

Ubuntu 12.04と同様に、Ubuntu 12.10でも「システムプログラムの問題が見つかりました」という、システムエラーのクラッシュレポートが頻繁に表示されます。

Ubuntu 12.10 システムエラー

「apport」という、クラッシュレポートを自動生成するデバッグツールを無効にすることで、システムエラーのダイアログを非表示にできます。

端末から以下のコマンドを実行して、「apport」ファイルを開きます。

$ sudo gedit /etc/default/apport

apportには、以下の内容が記述されています。

# set this to 0 to disable apport, or to 1 to enable it
# you can temporarily override this with
# sudo service apport start force_start=1
enabled=0

一番下の行を「enabled=0」に変更して、apportファイルを保存すれば、以後、システムエラーが表示されないようになります

Ubuntu 12.10 タッチパッドをファンクションキーで無効化

Ubuntu 12.04のときは、私の使っているノートPC「Lenovo G570」では、ファンクションキーによるタッチパッドの無効化ができませんでした。

Ubuntu 12.10では、「Fn」+「F6」キーを押すだけで、無効化できるようになっています。

こうやってバージョンアップごとに、ハードウェアに適合していくのは、うれしいですね。

Ubuntu 12.10 再起動すると画面の明るさがリセットされる

Ubuntu 12.04と同じですが、Lenovo G570では、システム設定の「画面の明るさとロック」で明るさを変更しても、再起動すると元に戻ってしまいます。

再起動後も画面の明るさを固定するには、以下のコマンドで「rc.local」ファイルを開きます。

$ sudo gedit /etc/rc.local

最後の行「exit 0」の前に、以下の1行を追加します。

#
# By default this script does nothing.
echo 9 > /sys/class/backlight/acpi_video0/brightness
exit 0

「echo」に続く数値(Lenovo G570では、MAXは10)が画面の明るさで、小さいほど画面が暗くなります。

変更を保存したら、Ubuntuを再起動して、画面の明るさが固定されているか確認してみましょう。

Ubuntu 12.10 壁紙やLauncherをカスタマイズする

壁紙やLauncherのカスタマイズは、システム設定の「外観」から行います。

Ubuntu 12.10 壁紙の変更

お気に入りの壁紙を設定するには、まず、ホームフォルダ内の「ピクチャ」フォルダに、画像ファイルをコピーしておきます。

サムネイルの上にあるリストから「画像フォルダー」を選ぶと、「ピクチャ」フォルダ内の画像ファイルが表示されるので、好みの壁紙を選びましょう。

ピクチャフォルダ内の画像を壁紙に設定しておくと、ログイン画面の背景にも適用されます。

また、サムネイルの下にある「+」ボタンから壁紙ファイルを追加して、選択することもできます。

Launcherアイコンのサイズは、デフォルトで48pxですが、下部のスライダーで変更できます。

また、Launcherを自動的に隠したいときは、「挙動」タブで「Launcherを自動的に隠す」オプションをオンにしましょう。

Ubuntu 12.10 Synapticパッケージマネージャで目的のアプリをすばやくインストール

Ubuntuアプリのインストールの基本は、Ubuntuソフトウェアセンターからですが、ビジュアルを優先しているため、とても重いです。

目的のアプリをすばやく検索してインストールしたいときは、「Synaptic パッケージマネージャ」を使いましょう。

$ sudo apt-get install synaptic

ソフトウェアセンターから「synaptic」で検索するか、端末から上記のコマンドを実行して、Synapticをインストールします。

Ubuntu 12.10 GNOME Tweak Toolをインストールしてテーマやフォントを変更する

「/usr/share/themes」や「/usr/share/icons」フォルダに、追加インストールしたテーマやアイコンは、システム設定の「外観」から変更することはできません。

テーマやアイコンを適用するには、Synapticから「gnome-tweak-tool」をインストールします。

Ubuntu 12.10 GNOME Tweak Tool テーマの変更

「テーマ」メニューからは、デスクトップテーマやアイコンテーマの変更ができます。

Ubuntu 12.10 GNOME Tweak Tool フォントの変更

フォントやフォントサイズの変更は「フォント」メニューです。

デフォルトのフォントサイズは11ptですが、ちょっと小さいので、クリックして12ptに変更しておきましょう。

Ubuntu 12.10 Google Chromeの正式版をdebパッケージからインストール

Ubuntu 12.10のデフォルトブラウザは、今回もFirefoxです。

ソフトウェアセンターからインストールできるのは、Chromium(Chromeの開発ベースとなるオープンソースブラウザ)だけなので、正式版のGoogle Chromeを使いたい場合は、debパッケージをダウンロードします。

※ Google Chrome ダウンロード: http://www.google.co.jp/chrome/intl/ja/landing_ch.html

Google Chromeのダウンロードページから、debパッケージ「google-chrome-stable_current_i386.deb」をダウンロードしたら、右クリックしてメニューから「Ubuntuソフトウェアセンターで開く」を選びます。

Ubuntu 12.10 Google Chrome インストール

Ubuntuソフトウェアセンターが起動するので、「インストール」ボタンをクリックして、Google Chromeをインストールしましょう。

Ubuntu 12.10 ダウンロードサーバーを最適化してアプリのインストールを高速化

Ubuntuのパッケージを提供するサーバーを最適化すると、アプリのインストールを高速化できます。

Synapticの「設定」メニューから「リポジトリ」を選んで、「ソフトウェアソース」を起動します。

「ダウンロード元」は、デフォルトで「日本のサーバ」になっていますが、リストから「その他」を選びます。

Ubuntu 12.10 ダウンロードサーバーの最適化

「最適なサーバーを探す」ボタンをクリックして、ダウンロードサーバーのテストが完了すると、最適なサーバーが選択されます。

「サーバーの選択」ボタンで、サーバーを選んだら、Synapticのツールバーにある「再読み込み」ボタンをクリックして、パッケージ情報を更新しておきましょう。

Ubuntu 12.10 インターネットの接続が遅いときはIPv6を無効化

Google ChromeでのWebページの表示が遅くなったなど、インターネットの接続が遅いと感じたら、IPv6の無効化を試してみましょう。

端末から以下のコマンドを実行して、「sysctl.conf」ファイルを開きます。

$ sudo gedit /etc/sysctl.conf

一番下の行に、「net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1」と追加して保存します。

#
# Log Martian Packets
#net.ipv4.conf.all.log_martians = 1
#
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1

Ubuntuを再起動したら、端末から「ifconfig」コマンドを実行して、「inet6アドレス」が表示されないことを確認しましょう。

Ubuntu 12.10 ファイアーウォールを有効にする

端末から「$ sudo ufw status」コマンドを実行するとわかるように、Ubuntu 12.10ではデフォルトで、ファイアーウォールが無効になっています。

ファイアーウォールを有効にするには、以下のコマンドを実行します。

$ sudo ufw enable
$ sudo ufw default DENY

再起動すればファイアーウォールがアクティブになり、外部からのトラフィックが拒否されます。

Ubuntu 12.10 動画や音楽、DVDを再生できるようにする

Ubuntuをインストールした直後の状態では、著作権制限等の関係で、mp4などの動画ファイルやmp3などの音楽ファイル、また、DVDを再生することはできません(YouTubeの動画や動画共有サイトのFlashは、Chromeで視聴可)。

これらのメディアを再生できるようにするには、「ubuntu-restricted-extras」をインストールします。

Ubuntu 12.10 インストール ubuntu-restricted-extras

Synapticから、「ubuntu-restricted-extras」で検索してインストールすれば、動画や音楽の再生に必要なコーデックが、まとめてインストールされます。

インストールが完了したら、動画プレイヤーで再生できることを確認しましょう。

Ubuntu 12.10 市販のDVDを再生できるようにする

ubuntu-restricted-extrasのインストールで再生できるようになるのは、自作のDVDのように暗号化されていないDVDだけです。

市販のDVDを再生するためには、さらに、端末から以下のコマンドを実行します。

$ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh

コマンドを実行すると、「libdvdcss2」というパッケージがインストールされ、市販のDVDでも再生できるようになります

Ubuntu 12.10 デフォルトのアプリを変更する

新しくインストールしたアプリケーションを、デフォルトのアプリに設定するには、システム設定の「詳細」を開きます。

Ubuntu 12.10 デフォルトのアプリケーション

音楽、ビデオ、写真など、メディアごとにデフォルトのアプリケーションを設定できます。

また、特定のファイルの種類ごとに、開くアプリケーションを変更したいときは、Nautilusからファイルを右クリックして「プロパティ」を開きます。

Ubuntu 12.10 ファイルの種類 デフォルトのアプリ

「開き方」タブでアプリを指定すれば、その種類のファイルは、常に指定したアプリで開くようになります。

Ubuntu 12.10 KDEアプリを日本語化する

ArkやKsnapshotなど、KDEのアプリケーションを日本語化するには、システム設定から「言語サポート」を起動します。

日本語化に必要なパッケージが、自動的に検出されて、インストールすればKDEアプリを日本語化できます。

Ubuntu 12.10 7-zipアーカイブを解凍できるようにする

7-zipアーカイブを解凍するには、Synapticから「p7zip-full」をインストールしておきます。

Ubuntu 12.10 日本語追加パッケージをインストール

日本語Remixではなく、オリジナル版のUbuntuをインストールした場合は、Japanese Teamによる日本語追加パッケージをインストールして、日本語サポート環境を整えましょう。

Ubuntuの端末から、以下のコマンドを実行して、「ubuntu-defaults-ja」パッケージをインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:japaneseteam/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja

PPA for Ubuntu Japanese Team: https://launchpad.net/~japaneseteam/+archive/ppa

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/446-b67599ea

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed