Quod Libet アルバムアートをリスト表示 Ex Falsoとの連携でMP3タグの編集が簡単な音楽プレイヤー

Quod Libetとは?

Quod Libet(クオドリベット)とは、シンプルなMP3タグエディタEx Falsoと連携した音楽プレイヤーです。

Quod Libet Ubuntu 音楽プレイヤー

( Quod Libet アルバムリスト)

http://code.google.com/p/quodlibet/

Ubuntu 12.10 - Quod Libet 音楽プレイヤー
バージョンインストール方法起動方法
Quod Libet 2.4Ubuntuソフトウェアセンターから「Quod Libet」で検索してインストール ※同時にEx FalsoもインストールされるDashホームから「Quod Libet」で検索して起動

Quod Libetは、アルバムアートをリスト表示する「アルバムリスト」ビューが使いやすい音楽プレイヤーです。

他にも、オーソドックスな「ペインブラウザ」ビューと、フォルダで音楽を管理する「ファイルシステム」ビューの3つのビューを、好みで切り替えて音楽を再生できます。

また、同時にインストールされる「Ex Falso」との連携で、簡単にMP3タグの編集ができます。

Quod Libet 音楽ライブラリを読み込んでアルバムビューにアルバムアートを表示する

Quod Libetを起動したら、まず、「ミュージック」メニューから「設定」を選んで、ライブラリの場所を選択します。

Quod Libet Ubuntu 音楽プレイヤー ライブラリの選択

「Quod Libetの設定」の「ライブラリ」タブから、MP3など音楽ファイルを保存してあるフォルダを選択します。

ライブラリを変更した場合など、最新の状態にしたいときは、「ミュージック」メニューから「ライブラリの再読込」を選びましょう。

Quod Libetで、好きな画像をアルバムアートに表示するには、あらかじめ、その画像ファイルをアルバムフォルダの中にコピーしておきます。

Quod Libet Ubuntu 音楽プレイヤー ペインブラウザ

( Quod Libet ペインブラウザ)

Quod Libetはデフォルトで、「ペインブラウザ」ビューで開きます。

「アルバムリスト」ビューへの切り替えは、「表示」メニューから「アルバムリスト」を選びましょう。

Quod Libet Ubuntu 音楽プレイヤー ファイルシステム

( Quod Libet ファイルシステム)

また、MP3タグの情報ではなく、フォルダで音楽を管理・再生したいときは、「ファイルシステム」ビューに切り替えます。

Quod Libet Ex Falsoの機能でMP3タグの編集ができる

Quod Libetでは、Ex Falsoの機能を使って、MP3タグの編集が簡単にできます。

タグを編集したい楽曲を右クリックして、メニューから「タグの編集」を選ぶと、Ex Falsoの編集画面が開きます。

Quod Libet Ubuntu 音楽プレイヤー Ex Falso MP3タグ編集

「追加」ボタンでタグの追加、値のクリックで編集できます。

また、複数の楽曲を選んで、同じタグを一括で編集することもできます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/451-cd4ae07b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed