Leafpad テキストエディタ 軽くて快適、文字コード変換もできる

Leafpad テキストエディタとは?

Leafpadとは、Tarot Osuji氏が提供する、Ubuntuテキストエディタです。

Ubuntu Leafpad テキストエディタ

Ubuntu 9.04 - Leafpad テキストエディタ
レビューバージョンインストール方法起動方法
Leafpad 0.8.13アプリケーションの追加と削除から「leafpad」で検索アプリケーションメニューのアクセサリから

Leafpadは、非常に軽くてシンプルなテキストエディタです。文章やメモなどを書くのに適しています。

また、テキストファイルの保存時に、文字コード変換することもできます。

Leafpad テキストエディタで開くときに文字コードを自動検出

Leafpadでは、テキストエディタで開くときに、文字コードを自動検出できます。

Ubuntu Leafpad テキストエディタ 文字コード

ファイルを開くダイアログボックスの右下にある「文字コード」リストで、開くときに文字コードを指定できます。デフォルトの「自動検出」であれば、文字コードは自動検出されるので、文字化けの心配はありません。

Leafpad テキストエディタで自動検出できる文字コード

  • UTF-8 : ユーティーエフはち、Ubuntuの標準文字コード
  • EUC-JP : イーユーシージェーピー、UNIX系OSで標準的に使われている文字コード
  • CP932 : コードページ932、Windowsで使われているShift_JISの拡張文字コード
  • ISO-2022-JP : メールで標準的に使われている文字コード

※Shift_JISのテキストファイルを開くと、Leafpadでの文字コードはCP932になります。

Leafpad テキストエディタで保存するときに文字コード変換できる

Leafpadでは、テキストエディタで保存するときに、別の文字コードに変換することができます。

Ubuntu Leafpad テキストエディタ 文字コード変換

Leafpadで文字コード変換して保存するには、「ファイル」メニューの「別名で保存」を選び、ダイアログボックスの右下にある「文字コード」リストで保存する文字コードを指定します。

Leafpadでは保存時に、改行コードも指定することもできます。

Leafpad テキストエディタで指定できる改行コード

  • CR : キャリッジリターン、MacOS 9で標準の改行コード
  • LF : ラインフィード、UNIX系OS(Linux, MacOS Xで標準の改行コード
  • CR+LF : Windowsで標準の改行コード

Leafpad テキストエディタのオプション設定

Leafpadでフォントの設定をするには、メニューから「オプション」-「フォント」を選びます。

Ubuntu Leafpad テキストエディタ フォント

「ファミリ」でフォントの種類を、「スタイル」でフォントの書式を選び、「サイズ」でフォントの大きさを変更します。

変更した設定は、すぐに「プレビュー」で確認できます。

オプションメニューの「右端で折り返す」にチェックを入れると、ウインドウの右端でテキストを折り返すことができます。

また、「行番号表示」にチェックを入れると、左側に行番号が表示され、「自動インデント」にチェックを入れると、改行後のカーソルの位置を固定できるので、HTMLやスクリプトを書くのに便利ですね。

テキストエディタの関連記事一覧 - Ubuntuアプリのいいところ

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ubuntuapps.info/tb.php/47-88bad1ad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed