Ubuntuの「システム設定」画面に好みのアイコンを追加してカスタマイズする方法

Ubuntuの「システム設定」画面をカスタマイズしたい

Ubuntu 12.10の「システム設定」画面では、好みのアイコンを追加する機能は提供されていません。

Ubuntu システム設定 カスタムアイコンの追加

「システム設定」画面に、例えば「ソフトウェアの更新」や「自動起動するアプリケーション」など、好みのアイコンを追加するには、デスクトップ設定ファイル(拡張子.desktop)ファイルを編集する必要があります。

デスクトップ設定ファイルを編集してシステム設定にアイコンを追加する

Ubuntuのデスクトップ設定ファイルは、「/usr/share/applications」フォルダに格納されています。

端末を起動したら、以下のコマンドを実行して、一覧からシステム設定に表示したいデスクトップ設定ファイルを探します。

$ cd /usr/share/applications/
$ ls

例えば、「ソフトウェアの更新」アイコンを追加したいときは、「update-manager.desktop」ファイルを編集します。

$ sudo gedit update-manager.desktop

Ubuntu システム設定 デスクトップ設定ファイルの編集

「Desktop Entry」セクションにある「Categories」エントリを以下のように変更します。

Categories=System;Settings;X-GNOME-Settings-Panel;X-GNOME-PersonalSettings

また、「Categories」エントリの下に、以下のラインを追加します。

X-GNOME-Settings-Panel=update-manager

「update-manager.desktop」ファイルを保存して閉じます。

あとは、システム設定を開いて、「ユーザー向け」セクションに「ソフトウェアの更新」アイコンが追加されているのを確認しましょう。

デスクトップ設定ファイルの内容は、アプリケーションによって異なりますが、「Categories」エントリに以下のオプションが

Settings;X-GNOME-Settings-Panel;X-GNOME-PersonalSettings
また、その下に
X-GNOME-Settings-Panel=(アプリ名)」

が追加されていればOKです。

Ubuntu システム設定 自動起動するアプリケーションの追加

例えば、「自動起動するアプリケーション」アイコンを追加したいなら、「session-properties.desktop」ファイルを開いて、このように編集します。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed