Thunar 1.6.2 「ツリービュー表示」や「新規テキスト作成」などNautilus 3.6にはない機能が使えるファイルマネージャ

Thunar 1.6.2 使い慣れたファイルマネージャの機能を備えた軽量ファイルマネージャ

Thunar(ソナー)とは、軽量デスクトップ環境Xfce 4.6のデフォルトファイルマネージャです。

Thunar Ubuntu 13.04

http://xfce.org/

Ubuntu 13.04 - Thunar ファイルマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
Thunar 1.6.2UbuntuソフトウェアセンターまたはSynapticから「thunar」で検索してインストールホームボタンから「thunar」で検索して起動

Thunarは、Ubuntu 13.04デフォルトのNautilus 3.6にはない、以下のような使い慣れたファイルマネージャの機能を、すべて備えています。

  • サイドペインのツリービュー表示
  • アイコン表示、詳細リスト表示、コンパクト表示の切り替え
  • ステータスバーにファイルの数やサイズを表示
  • 右クリックメニューからの新規テキスト作成
  • 端末で今の場所を開く
  • ファイルやフォルダにシンボルアイコンを付ける

さらに、Nautilus 3.6よりも軽量なので、ファイル操作のメインアプリとして使いたいファイルマネージャです。

Thunar 1.6.2 サイドペインのツリービュー表示などファイルマネージャを好みの表示に切り替える

Thunarでサイドペインをツリービュー表示にするなど、ファイルマネージャの表示方法の変更は、「表示」メニューから行います。

Thunar Ubuntu ツリービュー表示

「位置セレクター」メニューで、上部に表示される現在のフォルダの場所を、「パスボタン」と「パステキスト」から選択できます。

サイドペインの表示方法は、「サイドペイン」メニューから「ショートカット」または「ツリー」を選んで切り替えることができます。

また、メインペインに表示されるアイコンの表示方法も3通り選択でき、これら表示の切り替えには、それぞれショートカットキーが割り当てられています。

Thunar 1.6.2 右クリックメニューから便利な機能を使う

Thunarの右クリックメニューには、新規テキストファイルの作成や端末で開くなど、ファイルマネージャでよく使う機能が搭載されています。

Thunar Ubuntu 右クリックメニュー 新規テキストファイルの作成

「ドキュメントの作成」メニューから「空のファイル」を選ぶと、その場所に名前を付けてテキストファイルを作成できます。

また、「ここでTerminalを開く」を選ぶと、現在のフォルダをカレントにして端末が開きます。

なお、アーカイブの作成や展開に関するメニューは、「thunar-archive-plugin」プラグインをインストールすると表示されます。

Thunar 1.6.2 ファイルやフォルダにシンボルアイコンをつける

Thunarでは、ファイルやフォルダにシンボルアイコンを付けて区別することができます。

Thunar Ubuntu フォルダ シンボルアイコン

ファイルやフォルダの右クリックメニューから「プロパティ」を選んだら、「シンボル」タブで好みのアイコンを選びましょう。アイコンは複数付けることもできます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed