Ubuntuアプリのバージョンを古いバージョンに固定してアップデートさせない方法

Ubuntuアプリの古いバージョンを使いたい

Ubuntuをバージョンアップすると、それに伴ってリポジトリに含まれるアプリのバージョンも新しくなります。

Ubuntu Synaptic 古いアプリのバージョンに固定

アプリによっては、「古いバージョンの方が使いやすい」、「新しいバージョンでは機能が削除されている」、「そもそも新バージョンが動作しない」といったことも起こります。

このような場合、アプリの開発元ページなどから、debパッケージをダウンロードしてインストールすれば、古いバージョンのアプリを使うことができるのですが、「ソフトウェアの更新」のたびに表示されてしまい、いちいちチェックを外すのが面倒です。

Ubuntuアプリのバージョンを古いバージョンに固定して、「ソフトウェアの更新」に表示させなくするには、Synapticパッケージマネージャを使います。

SynapticでUbuntuアプリのバージョンを固定する

例えば、DVD作成ソフトのDVDStylerは、Ubuntu 12.10では正常に動作していましたが、Ubuntu 13.04では、「UIが画面の外に切れて表示されない部分がある」、「DVD書き込みが失敗する」など、使えませんでした。

LINUX PUCKAGES SEARCHdvdstyler RPM DEB Downloadのページから、古いバージョンの「dvdstyler_2.1-0ubuntu2_i386.deb 」と「dvdstyler-data_2.1-0ubuntu2_all.deb」をダウンロードしてインストールすると、Synapticでは以下のように表示されます。

Ubuntu Synaptic アプリケーションのバージョン

インストール済みバージョンと最新バージョンが乖離しているため、このままではソフトウェアの更新のたびにアップデート一覧に表示されてしまいます。

古いバージョンに固定したい時は、そのアプリを選択して、「パッケージ」メニューから「バージョンを固定」を選びます。

Ubuntu Synaptic アプリケーションのバージョンを固定

バージョンを固定されたパッケージは赤く表示され、最新バージョンが現在のインストール済みバージョンと同じになり、以後ソフトウェアの更新には表示されなくなります。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed