Ubuntuアプリのインストールと削除のまとめ 2013.10

「Ubuntuソフトウェアセンター」 新着アプリやカテゴリ別で検索したアプリを簡単にインストール

どんなアプリなのかをビジュアルで確認してからインストールできるのが、Ubuntuソフトウェアセンターです。

Ubuntuソフトウェアセンター

Ubuntuソフトウェアセンターでは、「アクセサリ」「グラフィックス」「サウンドとビデオ」などのカテゴリ別で、アプリを検索して簡単にインストールできます。

また、Ubuntuリリース後に追加された新着アプリもインストールすることができます。

Ubuntuソフトウェアセンター アプリのインストール

右側のカテゴリや上部検索ボックスから、お気に入りのアプリを探したら、「インストール」ボタンをクリックするだけで、Ubuntuアプリをインストールできます。

また、インストール済みのアプリには、チェックマークが付いて、「削除」ボタンからアンインストールができるようになります。

アプリを検索していると、「US$xxx」と金額が表示されているものがありますが、これは「有料の新着アプリ」です。

Ubuntuソフトウェアセンター アプリの購入

また、金額が表示されていないにもかかわらず、「購入」ボタンが表示されるものがありますが、これは「無料の新着アプリ」で、そのインストールには「Ubuntu One」アカウントが必要になります。

Ubuntuソフトウェアセンター Ubuntu Oneアカウントの作成

「購入」ボタンをクリックすると、「Ubuntu One」アカウントのログイン画面が表示されるので、ログインすれば、無料の新着アプリをインストールできます。

アカウントがない場合でも、メールアドレスとパスワードを入力するだけで、簡単に作成することができます。

「Dash」からアプリを検索してインストール

Ubuntu Unityでは、Dashの「アプリケーションLens」からも、アプリを検索してインストールすることができます。

Dashを開いたら、下部のLensから「A」アイコンをクリックして、アプリを検索します。

Ubuntu Unity Dash アプリケーションのインストール

インストールしたいアプリのアイコンをクリックすると、その詳細情報が表示されるので、「フリーダウンロード」をクリックして、アプリをインストールしましょう。

また、インストール済みのアイコンを右クリックすれば、アンインストールすることもできます。

「Synaptic」目的のアプリをすばやくインストール

インストールするアプリが決まっているときに、すばやくインストールできるのがSynaptic パッケージマネージャです。

Ubuntu 13.10では、標準でインストールされていないので、ソフトウェアセンターからインストールしておきましょう。

Ubuntu Synaptic パッケージマネージャ

検索ボックスでアプリを検索したら、右クリックメニューから「インストール指定」を選びます。

あとは、ツールバーの「適用」ボタンをクリックすれば、依存パッケージも含めてインストールできます。

アプリを削除したいときは、左下のフィルタボタンから「状態」をクリックして、「インストール済み」を選んでおくと、削除するアプリを探しやすくなります。

Ubuntu Synaptic パッケージマネージャ アプリの削除

削除するアプリの右クリックメニューから「完全削除指定」を選べば、依存パッケージも同時にアンインストールできます。

「PPA」最新のアプリをインストール

PPA(Personal Package Archive)とは、オープンソースのプロジェクトホスティングサイトLaunchpad内で、アプリ開発チームごとに管理しているリポジトリのことです。

PPAリポジトリからは、最新バージョンのアプリや、Ubuntuの公式リポジトリには含まれていないアプリなどをインストールすることができます。

例えば、ノートPCのタッチパッドを自動的に無効化できる「Touchpad Indicator」をインストールするには、以下のコマンドを端末から実行します。

$ sudo add-apt-repository ppa:atareao/atareao
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install touchpad-indicator

最初の行の「ppa:xxx」の部分が、追加するPPAリポジトリです。

2行目でパッケージ情報を更新して、3行目でアプリをインストールします。

また、PPAからインストールしたアプリを削除した場合は、使わなくなったPPAリポジトリも削除しておきましょう。

Synapticを起動して「設定」メニューから「リポジトリ」を開きます。

Ubuntu Synaptic PPAリポジトリの削除

「他のソフトウェア」タブから使わなくなったPPAを選択して、「削除」ボタンで削除できます。

PPAを削除したときは、「再読込」ボタンをクリックして、パッケージ情報を更新しておきましょう。

「debパッケージ」を個別にインストール

ネットでは、「Sayonara Player」のように、個別にdebパッケージ(Ubuntu標準のパッケージフォーマット)を提供しているプロジェクトがあります。

Ubuntu debパッケージ インストール

debパッケージのインストールは簡単です。

ダウンロードした、debパッケージをダブルクリックすると、Ubuntuソフトウェアセンターが起動するので、そのままインストールしましょう。

ユーザー設定ファイルを削除してホームフォルダをクリーンにする

いろいろなUbuntuアプリのインストールと削除を繰り返していると、ホームフォルダ内に使わなくなったユーザー設定ファイルが残ったままになります。

ユーザー設定ファイルを残しておけば、アプリを再インストールしたときに、同じ設定で使えるというメリットがありますが、使わないアプリのユーザー設定ファイルは削除して、ホームフォルダ内をクリーンにしておきましょう。

Ubuntuアプリのユーザー設定ファイルを探すには、まず、ホームフォルダで「Ctrl + H」キーを押して、隠しファイルを表示します。

Ubuntu アプリのユーザー設定ファイルを削除

ピリオドで始まるフォルダが、アプリのユーザー設定ファイル(フォルダ)です。

ユーザー設定ファイルをどこに作成するかは、アプリごとに異なります。

例えば、GIMPやSayonara Playerのように、ホームフォルダ直下に作るものもあれば、Thunarのように「.config」フォルダ内に作るもの、また、VLC Media Playerのように「.local/share」フォルダ内に作るものがあります。

だいたいこの3ヶ所を探せば、ユーザー設定ファイルが見つかると思うので、ホームフォルダをクリーンにしておきたいときは、削除してしまいましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed