Ubuntu 13.10にRealPlayer 11 for Linuxをインストール

RealPlayer 11 for LinuxをUbuntuにインストール

RealPlayer for Linuxとは、UbuntuでRealVideo(.rm .rmvb)形式のビデオを再生できる動画プレイヤーです。

RealPlayer for Linux Ubuntu インストール

RealPlayer for Linux Download: http://uk.real.com/realplayer/other_versions.html

Ubuntu 13.10 - Curlew 動画変換アプリ
バージョンインストール方法起動方法
RealPlayer 11 (GOLD)debパッケージをダウンロードしてインストールDashホームまたはCinnamonメニューから「RealPlayer」で検索して起動

Windows版のRealPlayerは、2014年1月時点でバージョン16ですが、Linux版は2008年以降、バージョン11のままアップグレードされていません。

そのため、Windows版にあるような、動画のダウンロードや変換機能は搭載されておらず、また、YouTubeのストリーミング再生にも対応していません。

RealPlayer for Linuxのインストールとセットアップ

RealPlayer for Linuxをインストールするには、まず、ダウンロードページの「Linux i686」にある「English | Download .deb」をクリックして、Linux用のdebパッケージ「RealPlayer11GOLD.deb」をダウンロードします。

RealPlayer for Linux Ubuntu インストール Ubuntuソフトウェアセンター

RealPlayer11GOLD.debをダブルクリックすると、Ubuntuソフトウェアセンターが起動するので、あとは「インストール」ボタンをクリックして、インストールしましょう。

RealPlayer for Linux Ubuntu セットアップ

RealPlayerを初めて起動すると、セットアップアシスタントが開きます。

「リリースノート」「ライセンス契約」が表示された後、「インターネット接続テスト」が表示されますが、RealPlayer for Linuxでは特にネット環境は使わないので、スキップしてしまいましょう。

RealPlayer for Linux Ubuntu セットアップ オプション

最後にオプションが表示されますが、「アップデートをチェック」は「RealPlayer and UNIX」のページが表示されるだけ、また、「Mozillaヘルパーの設定」は使えないので、両方ともオフでかまいません。

セットアップを完了すると、RealPlayerが起動します。英語版をインストールしましたが、メニューなどは日本語になっていますね。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed