lsblkコマンドでハードディスクのデバイス名やマウントポイントを端末にツリー表示する

lsblkコマンド 接続されているハードディスクやパーティションをツリー表示

lsblk (list block devices)とは、UbuntuなどのLinuxに接続されているブロックデバイス(データの読み書きをブロック単位で行い、ランダムアクセス可能なデバイス)の情報を、端末にツリー表示するコマンドです。

lsblk コマンド Ubuntu

Ubuntu Manpage: lsblk - list block devices http://manpages.ubuntu.com/manpages/saucy/man8/lsblk.8.html

Ubuntuに接続されているハードディスクやパーティションを、ツリー形式で一覧表示できるのが、lsblkコマンドです。

それぞれのデバイス名やパーティション番号、また、マウントポイントを、ひとめで確認できます。

lsblkコマンド ディスク構成やマウント状態がひとめでわかる

lsblkコマンドは、Ubuntuの標準で使えるコマンドです。端末を開いたら以下のコマンドを実行してみましょう。

$ lsblk

特にオプションは指定しなくても、Ubuntuに接続されているすべてのハードディスクとパーティションが表示されます。

ubuntuapps@ubuntuapps-Lenovo-G570:~$ lsblk
NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0 298.1G  0 disk 
├─sda1   8:1    0  78.1G  0 part /
├─sda2   8:2    0     1K  0 part 
├─sda3   8:3    0   218G  0 part /media/ubuntuapps/Dat240
└─sda5   8:5    0     2G  0 part [SWAP]
sdb      8:16   0 465.8G  0 disk 
└─sdb1   8:17   0 465.8G  0 part /media/ubuntuapps/HD-PCT500U2
sr0     11:0    1  1024M  0 rom  

「sda」がハードディスク1台目のデバイス名で、「sda1, sda2...」がパーティション番号です。

同様に。ハードディスク2台目のデバイス名が「sdb」で、以下パーティションが続きます。

また、マウントされているパーティションには、「/media/ユーザー名/xxx」のようにマウントポイントも表示されます。

全体のディスク構成やマウント状態が、ひとめでわかりますね。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed