Ubuntu 14.04 LTSのインストールとシステム設定

Ubuntu 14.04 LTS Trusty Tahr(頼りになるタール)リリース

Ubuntu 14.04が、2014年4月17日にリリースされました。

Ubuntu 14.04

TrustyTahr ReleaseNotes - Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/TrustyTahr/ReleaseNotes

Ubuntu 14.04は、2年に1度のLTS(Long Term Support)なので、そのサポート期間は5年です。

前バージョンからの大きな変更点は、LIM (Locally Integrated Menus)の採用です。あとは、LTSとしてより安定性と完成度を高めたバージョンになっています。

【Ubuntu 14.04 新機能・変更点】

  • LIMが採用され、アプリのメニューをグローバルメニューだけではなく、ウィンドウのタイトルバーの中にも表示できる。
  • 日本語入力のメニューアイコンが、テキストボックスにカーソルを合わせると表示される。
  • UnityにGTK3 CSSテーマが採用され、ウィンドウの装飾がアンチエイリアスのボーダーレスになった。
  • ウィンドウをリサイズするときに、フレームではなく実際の表示を維持したままリサイズできる。
  • Unityランチャーのアイコンクリックで、最小化したウィンドウを開けるようになった(逆に最小化はできない)。
  • Ubuntu Oneのサービスが6月に終了するため、関連アプリが削除された。

以下、Ubuntu 14.04のインストール手順と新機能について、また、インストール直後にやっておきたいシステム設定を紹介します。

Ubuntu 14.04のシステム要件

Ubuntu 14.04をインストールするためのシステム要件は、「Ubuntu Installation Guide」によると以下の通りです。

Ubuntu 14.04 - 最低限のシステム要件
CPUメモリハードディスク
Pentium 4 (1GHz)512MB5GB

Meeting Minimum Hardware Requirements https://help.ubuntu.com/14.04/installation-guide/i386/ch03s04.html

実際には、この環境でUnityを動作させるのは、かなり無理があると思います。

目安として、私がUbuntu 14.04をインストールして使っているPCは、2012年春に購入した「Lenovo G570」で、そのスペックは以下です。

Lenovo G570
CPUメモリハードディスク
Celeron B800 (1.5GHz)2GB320GB

このスペックであれば、重いUnityでも快適に動作させることができます(デスクトップ環境をCinnamonに変更すると、さらに快適になります)。

Ubuntu 14.04のライブDVDを作成してUbuntuを試してみる

Ubuntu 14.04をインストールするには、まず、ライブDVDを作成する必要があります。

Ubuntu 14.04 ダウンロード

Download Ubuntu Desktop http://www.ubuntu.com/download/desktop

Ubuntu 14.04のダウンロードページから、ISOイメージ「ubuntu-14.04-desktop-i386.iso」をダウンロードします。推奨は64bit版ですが、メモリが2GB以下のPCにインストールするなら、32bit版を選択しましょう。

ダウンロードしたISOイメージを、Ubuntuアプリなら「k3b」などを使ってDVDに書き込み、ライブDVDを作成します。WindowsでのライブDVDの作成方法は、以下のページを参考にしてください。

How to burn a DVD on Windows http://www.ubuntu.com/download/desktop/burn-a-dvd-on-windows

Ubuntu 14.04をインストールする前に、まずはライブDVDから起動できるか試してみましょう。

使用言語から「日本語」を選択して、「Ubuntuを試す」ボタンをクリックすれば、Ubuntuが起動します。

Ubuntu 14.04のインストール中には、言語パッケージなどがダウンロードされるため、必ずインターネット接続が必要になります。

まずは、パネルのネットワークアイコンから、お使いの無線LANに接続できるか試してみましょう。また、モニタの表示やキーボードなどのデバイスを一通りチェックします。

Ubuntu 14.04をハードディスクにインストール

Ubuntu 14.04のインストール時間は、30分程度です。

まず、デスクトップにある「Ubuntu 14.04 LTSのインストール」アイコンをクリックします。

Ubuntu 14.04 インストール

インストーラーが起動して、使用言語に「日本語」が選択されていることを確認したら、次へ進みます。

Ubuntu 14.04 インストール 準備

ハードディスクの空き容量、電源の接続、インターネット接続を確認したら、次へ進みます。2つのオプションは、オフのままでかまいません。

Ubuntu 14.04 インストールの種類

インストールの種類を選択します。上から「Ubuntuのアップグレード」「他のOSとデュアルブート」、そして「クリーンインストール」です。

パーティションを指定してインストールしたいときは、「それ以外」を選びましょう。

Ubuntu 14.04 インストール パーティションの選択

インストール先のパーティションを選んで、「Change」ボタンをクリックすると、パーティションの編集画面が開きます。

利用方法から「ext4ジャーナリングファイルシステム」を選んで、「パーティションの初期化」をチェック、マウントポイントから「/(ルート)」を選択します。

「インストール」ボタンをクリックすると、Ubuntu 14.04のインストールが開始されます。

続いて、住んでいる地域とキーボードレイアウトが自動検出されるので、確認したら次へ進みます。

Ubuntu 14.04 インストール ユーザー情報の入力

ユーザー名やログインパスワードなどのユーザー情報を入力します。

Ubuntu 14.04 インストール スライドショー

以上で、インストールの設定は完了です。あとは、スライドショーを見ながらインストールが完了するのを待ちましょう。

Ubuntu 14.04 インストール 再起動

インストール完了のメッセージが表示されたら、「今すぐ再起動する」ボタンをクリックしてライブDVDを取り出せば、Ubuntu 14.04をハードディスクから起動できます。

Ubuntu 14.04(新機能) アプリのメニューをウィンドウのタイトルバーの中に表示する

Ubuntu 14.04では、各アプリケーションのメニューを、グローバルメニュー(上部パネルの中)ではなく、マウスオーバーで、ウィンドウのタイトルバーの中に表示できるようになりました。

Ubuntu 14.04 新機能 ウィンドウメニュー

ウィンドウのメニュー表示を変更するには、まず、パネルからシステムアイコンをクリックして、「システム設定」を開きます。

Ubuntu 14.04 ウィンドウメニューの表示方法の変更

「外観」アイコンをクリックして、「挙動」タブを選んだら、「ウィンドウのメニューを表示」を「ウィンドウのタイトルバーの中」に変更しましょう。

Ubuntu 14.04(新機能) 日本語入力のメニューアイコンをカスタマイズするにする

Dashだけでなく、Google Chromeなどのアプリでも、テキストボックスにカーソルをあわせると、日本語入力のメニューアイコンが表示されるようになりました。

Ubuntu 14.04 日本語入力 メニューアイコン

このメニューアイコンをカスタマイズにするには、設定アイコンをクリックして「IBus-Anthyの設定」を開きます。

Ubuntu 14.04 日本語入力 IBus Anthyの設定 ラベルの変更

一般タブの「メニューラベル」で、表示するアイコンを選択できます。

設定を変更したら「適用」ボタンをクリックして、Ubuntuを再起動すれば、アイコンの表示項目が変わります。

「メニューラベル」のチェックをすべて外せば、メニューアイコン自体を非表示にできますが、「半角/全角」キーが無効になってしまうようです。

最低限「入力モード」のラベルだけは、表示しておくようにしましょう。アイコンは「半角/全角」を切り替えるときにも表示されるので、キーボード入力のミスを防げます。

Ubuntu 14.04 セキュリティとプライバシーの設定

Dashの検索結果に、ファイルなどの使用履歴や、Amazonなどのオンラインの検索結果を表示させたくないときは、「セキュリティとプライバシー」の設定を変更します。

システム設定から「セキュリティとプライバシー」アイコンをクリックしたら、「ファイルとアプリケーション」タブを選びます。

Ubuntu 14.04 ファイルの使用履歴を記録させない

ファイルやアプリの使用を表示させたくないときは、「ファイルとアプリケーションの利用状況を記録」オプションを、オフにしておきましょう。

次に、「検索」タブを選んで、「オンラインの検索結果を含める」オプションをオフにして、オンラインの検索結果を無効にします。

また、エラーレポートを送信したくないときは、「診断」タブの「Canonicalにエラーレポートを送信する」のチェックを外しておきましょう。

Ubuntu 14.04 アイドル状態が続いても画面を暗くしない

初期設定では、何も操作をしないで5分経過すると画面が暗くなるように設定されています。

Ubuntu 14.04 画面の明るさの設定

システム設定から「画面の明るさとロック」アイコンをクリックして、「画面を暗くして節電する」オプションをオフに、また、「次の時間アイドル状態が続けば画面をオフにする」を「しない」に設定しておきましょう。

Ubuntu 14.04 フォントの種類やサイズを変更する

Ubuntu 14.04標準では、フォントの種類やサイズを変更するためのシステム設定がありません。

フォントサイズを変更したいときは、Unity Tweak Toolをインストールして使いましょう。

Unity Tweak Toolを起動して「Fonts」アイコンをクリックすると、フォントの設定が開きます。

Ubuntu 14.04 Unity Tweak Tool フォントの種類やサイズの変更

「デフォルト」「ドキュメント」「ウィンドウタイトルのフォント」の各ボタンをクリックすれば、フォントの種類やサイズを変更できます。

Ubuntu 14.04 アプリのダウンロードサーバーを最適化する

Ubuntuアプリのダウンロード元サーバーを最適化すると、より速くアプリをインストールできるようになります。

まず、システム設定から「ソフトウェアとアップデート」アイコンをクリックします。

Ubuntu 14.04 ダウンロードサーバーの最適化

「ダウンロード元」から「その他」を選んだら、「最適なサーバーを探す」ボタンをクリックします。

最適なサーバーが検出されたら、「サーバーの選択」ボタンをクリックすると、ダウンロードサーバーが変更されます。

なお、ダウンロードサーバーを変更したら、必ずソフトウェア情報を再読込して更新してください。

Ubuntu 14.04 Gufwでファイアウォールを有効にする

Ubuntuのデフォルトでは、ファイアウォールが無効になっています。

ファイアウォールの有効化は、Gufwを使うと簡単にできます。Ubuntuソフトウェアセンターから「gufw」で検索して「ファイアウォール設定ツール」をインストールしましょう。

Ubuntu 14.04 Gufw ファイアウォール 有効化

Gufwを起動したら、「Status」をクリックして「オン」にします。これで外部からの不正アクセスを遮断できます。

Ubuntu 14.04 「Ubuntu restricted extras」をインストールして動画や音楽を再生する

Ubuntu 14.04では著作権制限の関係で、MP4やFLVなどの動画ファイルや、MP3などの音楽ファイルが再生できないようになっています。

動画や音楽ファイルを再生できるようにするには、Ubuntuソフトウェアセンターからを「Ubuntu restricted extras」インストールしましょう。

途中でライセンスの同意画面が表示されるので、注意してください。同意しないとインストールが進みません。

必要なコーデックがインストールされ、動画や音楽ファイル、また、プロテクトのかかっていないDVDを再生できるようになります。

Ubuntu 14.04 市販のDVDを再生する

さらに、プロテクトがかかっている市販のDVDを再生するには、端末から以下のコマンドを実行しましょう。

$ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh

市販DVDのアクセスに必要な、「libdvdcss2」ライブラリがインストールされ、再生できるようになります。

Ubuntu 14.04 使わないプレインストールアプリを削除する

使わないプレインストールアプリを削除することで、ディスク容量の節約やソフトウェアアップデートの時間短縮ができます。

以下、「使わないなら削除してもかまわない」アプリです。Ubuntuソフトウェアセンターから検索して、削除してしまいましょう。

  • Amazon (Unity WebApp integration scripts): UnityランチャーのAmazonアイコンを削除できる
  • デスクトップ共有: PCの遠隔操作をしないなら削除
  • Firefox: Google Chromeがメインブラウザなら不要
  • Remmina リモートデスクトップ・クライアント: リモートデスクトップに接続しないなら削除
  • Empathy インスタントメッセンジャー: IMアプリが不要なら削除
  • Transmission BitTorrent クライアント: BitTorrentでファイルをダウンロードや共有をしないなら削除
  • Firefox 用の Ubufox 拡張機能: Firefoxを使わないのなら削除
  • Shotwell 写真管理ツール: 他にお気に入りの画像ビューアがあるなら不要
  • Landscape サービス: Canonicalが提供する商用のシステム管理・監視サービス、システム設定からアイコンを削除できる
  • オンラインアカウント (unity-control-center-signon): GoogleやTwitterなどのアカウント管理サービス、システム設定からアイコンを削除できる
  • 使わないDashのLensを削除: 写真検索をしないなら「Photos lens for Unity」を削除、同様に、音楽と動画検索「Music lens for unity」「Unity Video lens」、ソーシャル検索「Friends scope for unity」

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

3件のコメント

[C82] メモリ認識と画面の明るさについて

Ubuntu 14.04の64bitをインストールしましたが、
メモリーが3.3GiBしか認識しておらず、
また画面の明るさが暗いのでその都度設定しているのですが、
再起動するたびにリセットされてしまいます。
解決方法はありますでしょうか?

[C83] Re: メモリ認識と画面の明るさについて

メモリの認識については環境依存と思われるので、こちらではわかりません。
画面の明るさがリセットされる問題については、
「$ sudo gedit /etc/rc.local」コマンドで「rc.local」ファイルを開いて、
最後の「exit 0」の前に
「echo 9 > /sys/class/backlight/acpi_video0/brightness」の1行を追加してください。
なお、「echo 9」の数値は、明るさ10段階のうちの「9」を意味します。
これは、お使いのPCによっても違うので、数値を変更して試してみてください。
  • 2014-05-10
  • ubuntuapps
  • URL
  • 編集

[C84]

分かりやすい説明ですね。
非常に参考になりました。これから試してみます。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed