Profile-cleaner ブラウザのプロファイルデータを最適化して高速化するコマンドラインツール

Google ChromeやFirefoxのプロファイルデータを最適化できる

Profile-cleanerとは、Google ChromeやFirefoxなどのブラウザのプロファイルデータを最適化するためのコマンドラインツールです。

Profile-cleaner Ubuntu ブラウザ 高速化 コマンド

graysky2 profile-cleaner · GitHub - https://github.com/graysky2/profile-cleaner

Ubuntu 14.04 - Profile-cleaner コマンド
バージョンインストール方法起動方法
Profile-cleaner 2.30端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してインストール端末から「profile-cleaner」コマンドを実行
$ sudo add-apt-repository ppa:graysky/utils
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install profile-cleaner

「最近、Ubuntuでブラウザが遅いな」と感じたら試してみたいのが、Profile-cleanerです。

コマンドを実行するだけで、ブラウザのプロファイルデータであるSQLiteデータベースのサイズを小さくできます。

また同時に、データベースを再インデックスすることで、ブラウザを高速化することもできます。

Profile-cleaner オプションでブラウザを指定してプロファイルデータを最適化

Profile-cleanerをインストールした時の注意書きにも表示されますが、コマンドを実行する前に、必ず最適化するブラウザを終了してください。

ブラウザを起動したまま実行してしまうと、正常に最適化できません。

Ubuntuの端末を起動したら、まず、オプションなしでコマンドを実行して、最適化したいブラウザのオプションを調べましょう。

$ profile-cleaner

Profile-cleaner Ubuntu ブラウザ 高速化 コマンド オプション

例えば、Google Chrome安定版なら「gc」、Firefoxなら「f」のように、コマンドラインオプションがわかります。

今度は、オプションを付けてコマンドを実行すれば、そのブラウザのプロファイルが最適化されます(実行前にブラウザを終了させるのを忘れないでください)。

$ profile-cleaner gc

Profile-cleaner Ubuntu ブラウザ 高速化 コマンド プロファイルのクリーニング

実行結果では、クリーニングの詳細と、トータルでどのくらいサイズが小さくなったのかがわかります。

プロファイルデータベースの再インデックスの効果だと思いますが、わたしが試した限りでは、コマンド実行直後にChromeのページ表示速度が向上しました。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed