mkfsコマンドでUbuntuのハードディスクのフォーマットを端末から実行する

mkfsコマンドでUbuntuのハードディスクをすばやくフォーマット

外付けハードディスクやUSBドライブなどのフォーマットは、Linuxのファイルシステムを作成する「mkfs」コマンドを使うと、すばやく実行できます。

まず、フォーマットしたいハードディスクを挿入したら、端末から「df」コマンドを実行して、デバイス名とパーティションのパスを確認しましょう。

Ubuntu ハードディスク フォーマット コマンド デバイス名とパーティションの確認

$ df

パスを確認したら、フォーマットしたいデバイス(ここでは「/dev/sdb1」)をアンマウントしておきます。

$ sudo umount /dev/sdb1

ファイルシステムの種類を指定してmkfsコマンドでフォーマット

Ubuntuのデフォルトフォーマットである「ext4」でフォーマットするには、「mkfs.ext4」コマンドを実行します。

Ubuntu ハードディスク フォーマット mkfsコマンド

$ sudo mkfs.ext4 /dev/sdb1 -L 'Backup2'

コマンドの後に、フォーマットするパスを指定します。また、ボリュームラベルを付けたいときは、「-L」オプションを追加しましょう。

コマンドプロンプトに戻れば、フォーマットは完了です。

また、Windows互換のFAT32でフォーマットしたいときは、代わりに「mkfs.vfat」コマンドを実行します。

Ubuntu ハードディスク フォーマット 権限の変更

なお、ext4でフォーマットすると権限が「root」になるので、「$ sudo nautilus」コマンドを実行して、ファイルマネージャからプロパティのアクセス権をログインユーザーに変更しておきましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed