Touchpad-Indicator Ubuntu 14.10起動時に自動的にタッチパッドを無効にする

Touchpad-Indicator ノートPCのタッチパッドを自動的に無効にできる

Touchpad-Indicatorとは、ノートPCのタッチパッド有効/無効を設定するためのパネルインジケーターです。

Touchpad-Indicator Ubuntu 14.10 タッチパッド 無効

atareao-team Touchpad-Indicator https://launchpad.net/~atareao/+archive/ubuntu/atareao

Ubuntu 14.10 - Touchpad-Indicator
バージョンインストール方法起動方法
Touchpad-Indicator 1.0.4端末から下記のコマンドを実行、PPAリポジトリを追加してインストールUnity Dashから「touchpad-indicator」で検索して起動
$ sudo add-apt-repository ppa:atareao/atareao
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install touchpad-indicator

ノートPCにUbuntu 14.10をインストールして、常にマウスを使うのであれば、タッチパッドは邪魔になりますよね。

Ubuntuを起動する度に、いちいちキーボードショートカットでオフにするのは面倒なので、Touchpad-Indicatorをインストールしておきましょう。

Touchpad-Indicator マウス接続時にはタッチパッドは無効にするように設定する

Touchpad-Indicatorを起動すると、パネルにアイコンが表示されるので、クリックして「設定」メニューを開きましょう。

Touchpad-Indicator Ubuntu 14.10 オプション マウス接続時にタッチパッドを無効化

タッチパッドの有効/無効は、「動作」タブで設定できます。

マウスを接続しているときに、常にタッチパッドを無効にするには、「マウス接続時はタッチパッドを無効にする」オプションのみをチェックして、あとはオフにしておきましょう。

これでマウスを接続したままUbuntuを起動すれば、自動的にタッチパッドが無効になります。

Touchpad-Indicatorを自動起動してタッチパッドオフの通知を表示させない

「一般的なオプション」タブでは、Touchpad-Indicatorの自動起動や通知のオンオフを設定できます。

Touchpad-Indicator Ubuntu 14.10 オプション 自動起動と通知

Ubuntu起動時にTouchpad-Indicatorを自動起動しないと、タッチパッドは無効にならないので、「自動起動」オプションをオンにします。

また、タッチパッドを無効にしたときには、Ubuntuの通知エリアにメッセージが表示されますが、このメッセージを非表示にしたいときは、「通知を表示する」オプションをオフにしておきましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed