GtkOrphan - Ubuntuで不要になったパッケージを選択して削除する

依存関係にない孤立したパッケージ(Orphaned Packages)を削除

GtkOrphanとは、Ubuntuで不要なパッケージを削除するためのGUIツールです。

GtkOrphan Ubuntu 不要なパッケージ削除

GtkOrphan http://www.marzocca.net/linux/gtkorphan.html

Ubuntu 14.10 - GtkOrphan 不要なパッケージの削除
バージョンインストール方法起動方法
gtkorphan 0.4.4-1.1Ubuntuソフトウェアセンターから「gtkorphan」で検索してインストールDashホームから「gtkorphan」で検索して起動

Ubuntuでアプリのインストール/アンインストールを繰り替えしていると、以前は使われていたが今は使われていないライブラリなど、孤立したパッケージ(Orphaned Packages)が残ることがあります。

不要になった孤立したパッケージを削除して、システムをクリーンにできるのが、GtkOrphanです。

インストールされている不要なパッケージだけでなく、アンインストール済みのアプリの設定ファイルも削除することができます。

不要になったパッケージや設定ファイルを選択して削除する

GtkOrphanは、管理者権限で実行する必要があります。起動時にパスワードが求められるので、管理者パスワードを入力して起動しましょう。

GtkOrphan Ubuntu 不要なパッケージ削除 リストからチェック

起動すると自動的に不要なパッケージがチェックされ、「Orphaned packages」タブにリストされます。

各パッケージの右クリックメニューから「Show package details」を選ぶと、その詳細情報を確認することもできます。

GtkOrphan Ubuntu 不要なパッケージ削除 確認

リストから削除したいパッケージをチェックして「OK」ボタンを押すと、確認メッセージが表示されるので、「はい」ボタンで削除を実行しましょう。

GtkOrphan Ubuntu 孤立したパッケージをすべて削除

孤立したパッケージをすべて削除しても、さらに不要になるパッケージが見つかる場合があります。

その場合は、「No orphaned libraries found」と表示されるまで、リストからチェックと削除を繰り替えしましょう。

GtkOrphan Ubuntu 不要な設定ファイルの削除

また、「Options」をクリックして「Show uninstalled packages with orphaned configuration files」をチェックすると、アンインストールしたアプリの設定ファイルがリストアップされます。

不要なパッケージと同様に、不要になった設定ファイルもチェックして削除することができます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed