CopyQ 高性能なコピー履歴の編集機能を備えたクリップボードマネージャ

クリップボードの履歴を自由に編集して保存できる

CopyQとは、コピーした履歴を自由に編集できる高性能なクリップボードマネージャです。

CopyQ Ubuntu クリップボードマネージャ

CopyQ http://hluk.github.io/CopyQ/

Deb Package Downloads https://github.com/hluk/CopyQ/releases

Ubuntu 14.10 - CopyQ クリップボードマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
CopyQ v2.4.4debパッケージ「copyq_2.4.4_Ubuntu_14.10_i386.deb」をダウンロードしてインストールDashホームから「CopyQ」で検索して起動

「コピーしたテキストや画像を頻繁に再利用する」という方におすすめなのが、CopyQ クリップボードマネージャです。

デフォルトで200個のアイテムをコピー履歴に保存でき、また、保存したテキストは内部エディタで自由に編集することができます。

クリップボードマネージャの基本設定を変更する

CopyQをインストールして起動したら、パネルに追加された「ハサミ」アイコンをクリックして、メニューから「設定」を選択します。

「CopyQの設定」が開くので、まず、「一般」タブにある「自動起動」オプションをチェックして、Ubuntuの自動起動するアプリケーションに登録しておきましょう。

CopyQ Ubuntu クリップボードマネージャ 履歴のオプション

履歴や内部エディタの設定は、「履歴」タブで行います。

「履歴内のアイテム最大数」オプションで、コピー履歴に保存する数を設定できます。セキュリティを考えると、200は多すぎるので、一般的な使用であれば、20~30程度にしておくと良いとおもいます。

また、下部には内部エディタのキー操作などを変更するオプションがありますが、まずはデフォルトのまま使ってみましょう。

CopyQ Ubuntu クリップボードマネージャ トレイのオプション

次に、「トレイ」タブで、パネルアイコンをクリックしたときに表示されるメニューの設定をします。

「クリップボードの内容を確認するコマンドを表示」オプションは、現在クリップボードにコピーされている内容をメニューに表示するオプションです。

デフォルトはオンで、履歴リストの下のメニューに「クリップボード・・・」と表示され、その内容がわかるようになっています。

「トレイメニューのアイテム数」で、メニューに表示する数を設定できます。先ほどの「履歴内のアイテム最大数」とは違うので、注意してください。

また、メニューからアイテムを選択したときではなく、「Ctrl+V」キーで貼り付けしたいときは、「アクティブ化したアイテムを現在のウィンドウに貼り付け」オプションをオフにしておきます。

オプションを変更したら、最後に「適用」ボタンをクリックして、変更を適用するのを忘れないようにしましょう。

内部エディタを表示してコピー履歴を編集する

メニューから「表示切り替え」を選択すると、コピー履歴の内部エディタが起動します。

CopyQ Ubuntu クリップボードマネージャ エディタ

履歴アイテムは、ダブルクリックか「Enter」キーで選択、「Delete」キーで削除できます。また、ドラッグ&ドロップで自由に並び替えることもできます。

また、アイテムをクリックして「F2」キーを押すと、編集モードに移行します。テキストを修正したら、「保存」アイコンで変更を保存しましょう。

なお、内部エディタには、履歴をすべて削除するボタンがありません。履歴を全削除したいときは、「Ctrl+A」キーですべて選択してから、「Delete」キーで削除しましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed