ClassicMenu Indicator 0.09 GNOME 2スタイルのアプリケーションメニュー アップデート

すべてのインストール済みアプリを表示できるようになった

ClassicMenu Indicatorとは、GNOME 2スタイルのクラシックなアプリケーションメニューを表示する、Unityパネルのインジケーターです。

ClassicMenu Indicator 0.09 Ubuntu パネル

ClassicMenu Indicator — florian-diesch.de http://www.florian-diesch.de/software/classicmenu-indicator/index.html

Ubuntu 14.10 - ClassicMenu Indicator
バージョンインストール方法起動方法
ClassicMenu Indicator 0.09-1PPAからインストールUnity Dashから「ClassicMenu Indicator」で検索して起動

「Unity Dashの検索は遅くて使えない」という方におすすめなのが、ClassicMenu Indicatorです。

UnityパネルにGNOME2スタイルのメニューを表示して、インストール済みのアプリケーションをすばやく起動できます。

Ubuntu 14.10のソフトウェアセンターからインストールできるのは、ClassicMenu Indicator 0.07ですが、最新版のClassicMenu Indicator 0.09-1は、Florian Diesch PPAからインストールできます。

バージョン0.09-1では、いくつかのバグフィックスに加えて、専用のパネルアイコンの採用や、すべてのアプリケーションをまとめて表示するメニューが追加されるなど、より使いやすくなっています。

ClassicMenu Indicator 0.09をPPAからインストール

最新版のClassicMenu Indicator 0.09-1は、開発者であるFlorian Diesch氏のPPAからインストールできます。

Ubuntuの端末を起動したら、以下のコマンドを実行してインストールしましょう。

$ sudo add-apt-repository ppa:diesch/testing
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install classicmenu-indicator

ClassicMenu Indicatorをインストールすると、「自動起動するアプリケーション」に登録されるので、次回からはUbuntuを起動したときに、自動的にパネルに表示されるようになります。

また、PPAとは別に、debパッケージも提供されています。

ClassicMenu Indicator 0.09 Ubuntu debパッケージ ダウンロード

ClassicMenu Indicator — Deb Download http://www.florian-diesch.de/software/classicmenu-indicator/index.html#download

上記リンクから、「classicmenu-indicator_0.09-1_all.deb (18KB)」をダウンロードして、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールしましょう。

インストール済みのすべてのアプリケーションは、メニューの一番上に表示される「All Applications」を選ぶと表示されます。

今どんなアプリがインストールされているのか確認したいときに、便利ですね。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed