Haroopad - Markdownでプレゼンテーションを作成できるテキストエディタ

プレゼンテーション作成に対応したMarkdownエディタ

Haroopad (ハルーパッド)とは、Linux, Windows, Mac OS Xで使える、クロスプラットフォームのMarkdownエディタです。

Haroopad Ubuntu Markdownエディタ

Haroopad - The Next Document processor based on Markdown http://pad.haroopress.com/user.html

Ubuntu 14.10 - Advanced Photo 画像ビューア
バージョンインストール方法起動方法
Haroopad 0.13.1debパッケージ「haroopad-v0.13.1-ia32.deb」をダウンロードしてインストール ※32bit版と64bit版があります。Dashホームから「haroopad」で検索して起動

Markdown記法を使って、簡単なプレゼンテーションを作成できるのが、Haroopadです。

タイトルやリストなどをマークして、ページ区切りを挿入するだけで、フルスクリーン表示のプレゼンテーションを作成できます。

Markdown記法でプレゼンテーションを作成する

Haroopadをインストールして起動したら、まずは、フォントサイズを大きくしておきましょう。

Haroopad Ubuntu Markdownエディタ フォントサイズ

「ファイル」メニューから「設定」を開いて、「エディタ」を選ぶと、フォントサイズを調整できます。

Haroopadでは、デフォルトで左側がエディタ、右側がビューアになっています。

同じように、「設定」から「ビューア」を選んで、ビューア側のフォントサイズも調整しておきましょう。

まず、ドキュメントの先頭に、プレゼンテーションの表紙を記述します。

# 表紙のタイトル
表紙の本文
* * *

見出し1(#)で表紙のタイトルを記述、その後に本文を入力したら、ページ区切り(* * *)を記述して表紙を作成します。

Markdown記法がわからないときは、「挿入」メニューから各記法を挿入することができます。

続いて、プレゼンテーションの1ページ目を記述します。

## ページのタイトル1
ページ1の本文を記述します。
1. リスト1
2. リスト2
3. リスト3
* * *

見出し2(#)でページのタイトルを記述して、あとは必要に応じて本文やリストを追加しましょう。

ページの最後には、表紙と同様にページ区切り(* * *)を記述するのを忘れないでください。

Haroopad Ubuntu Markdownエディタ プレゼンテーションモード

プレゼンテーションが完成したら、「表示」メニューから「Presentation Mode」を選んで、プレゼンテーションモードに切り替えましょう。

ページをクリックすればフルスクリーン表示へ切り替わり、矢印キーでページをめくることができます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed