Password Safe コンパクトな画面でツリービューが使いやすいパスワードマネージャ

パスワードエントリをグループ化してツリービュー表示

Password Safeとは、Windowsではポピュラーなオープンソースのパスワードマネージャです。Linux用にもBeta版が提供されています。

Password Safe Ubuntu パスワードマネージャ

Password Safe http://passwordsafe.sourceforge.net/

Password Safe - Linux-BETA 0.96 http://sourceforge.net/projects/passwordsafe/files/Linux-BETA/0.96/

Ubuntu 15.04 - Password Safe パスワードマネージャ
バージョンインストール方法起動方法
Password Safe 0.96betadebパッケージ「passwordsafe-ubuntu-0.96BETA.i686.deb (32bit)」をダウンロードしてUbuntuソフトウェアセンターからインストールDashホームから「password safe」で検索して起動

1つのマスターパスワードでパスワードデータベースを暗号化して、安全にパスワードを保管できるのが、Password Safeです。

コンパクトな画面に、グループ化した複数のパスワードエントリをツリービュー表示して、ユーザーIDとパスワードを簡単にコピーすることができます。

新規データベースにグループを作成してパスワードエントリを追加する

Password Safeを初めて起動したら、まず、パスワードデータベースを作成しましょう。

Password Safe Ubuntu パスワードマネージャ データベースの作成

「New」ボタンをクリックすると、ファイルの保存ダイアログが表示されるので、名前をつけて新規データベースファイル(拡張子 .psafe3)を作成します。

Password Safe Ubuntu パスワードマネージャ マスターパスワードの設定

続いて、マスターパスワードを設定します。

「Safe combination」にデータベースを暗号化するためのパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックすると、Password Safeのメイン画面が開きます。

新しくパスワードエントリを追加するには、ツールバー右の「Add New Entry」アイコンをクリックしましょう。

Password Safe Ubuntu パスワードマネージャ パスワードエントリの作成

まず、「Group」に、エントリの追加先のグループ名(ツリービューのフォルダ名)を入力します。

「Title」にエントリのタイトルを、また、「Username」にユーザー名、「Password」にパスワードをそれぞれ入力しましょう。

「Confirm」に確認のためのパスワードを入力したら、「OK」ボタンで、パスワードエントリが追加されます。

ユーザー名やパスワードをクリップボードにコピーしたい時は、パスワードエントリの右クリックメニューか、ツールバーボタンから、それぞれ「Copy Username to Clipbord」、「Copy Password to Clipbord」を選択しましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed