Ubuntu Unityを軽量化 dconf-editorとCompizConfig 設定マネージャ

使わない検索機能やエフェクトを無効にして重いUbuntu Unityを軽くする

Ubuntu 15.04が標準で採用しているデスクトップ環境Unityのメインとなるのが、ファイルやアプリケーションなどの検索と起動を行うDashです。

Ubuntu Unity 重い 軽量化

Dashにはデフォルトで、動画や音楽の検索、オンライン検索など、ほとんど使用しない機能が数多く含まれるため、「重い遅い」動作になっています。

Ubuntuのシステム設定ツール「dconf-editor」を使って、不要なDash検索の機能を無効化し、また、「CompizConfig 設定マネージャ (CCSM)」では、動作が重くなる原因のエフェクトを無効化することで、Ubuntu Unityを軽量化してみましょう。

dconf-editorで使わないLensとScopeを無効化してDashを軽量化する

Dash検索の結果を表示する機能が「Lens」で、それぞれのLensが使用する検索エンジンを「Scope」といいます。

使わないLensとScopeを無効にすれば、それだけUnity Dashを軽量化することができます。

dconf-editorをUbuntuソフトウェアセンターからインストールして起動したら、以下のエントリを表示しましょう。

Ubuntu Unity 重い 軽量化 dconf-editor Dash

com > canonical > unity > dash

「scopes」エントリには、Dashで使用するScopeが記述されています。

値をクリックして不要なScopeを削除することで、それぞれ無効化することができます。

['home.scope', 'applications.scope']

例えば、Dashではアプリケーションの検索しかしないということであれば、ホームとアプリケーションだけ残して、上記のような値に編集しましょう。

次に、使わないLensを非表示にするため、以下のエントリを編集します。

Ubuntu Unity 重い 軽量化 dconf-editor Lens

com > canonical > unity > lenses

「always search」と「home-lens-default-view」から「'applications.scope'」のみを残して、不要なものを削除します。

あとは、Ubuntuを再起動すれば、使わないLensが表示されなくなり、Dashを軽量化することができます。

CompizConfig 設定マネージャでエフェクトを無効にしてUnityを軽量化する

CompizConfig 設定マネージャを使えば、Ubuntu Unityのエフェクトを無効化して、軽量化することができます。

Ubuntu Unity 重い 軽量化 CompizConfig OpenGL

CompizConfig 設定マネージャを、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールして起動したら、「一般」カテゴリから、「OpenGL」をクリックして開きます。

まず、「テクスチャフィルタ」を「速さ重視」に変更します。

Ubuntu Unity 重い 軽量化 CompizConfig エフェクト

次に、「エフェクト」カテゴリを選択したら、「Animations」「ウィンドウのフェード」など、すべてのエフェクトのチェックを外しておきましょう。

Ubuntu Unity 重い 軽量化 CompizConfig 背景

最後に、「Ubuntu Unity Plugin」の「General」タブにある、「Dash Blur」を「No Blur」に変更して完了です。

このように無駄なエフェクトを無効化しておけば、描画速度が速くなり、Unityを軽量化することができます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed