screenFetch 端末にアスキーアートのロゴとシステム情報を表示するコマンド

Linuxディストリビューションを自動検出してロゴとシステム情報を表示

screenFetchとは、Ubuntuの端末にアスキーアートのロゴシステム情報を表示するコマンドラインツールです。

screenFetch Ubuntu コマンド システム情報

KittyKatt - screenFetch · GitHub https://github.com/KittyKatt/screenFetch

Ubuntu 15.04 - screenFetch コマンド
バージョンインストール方法起動方法
screenfetch 3.6.5-2Ubuntuソフトウェアセンターから「screenfetch」で検索してインストールDashホームから「screenfetch」で検索して起動

Linuxディストリビューションを自動検出して、カーネルのバージョン、CPU、メモリ、起動時間、画面解像度などのシステム情報を、アスキーアートのロゴ付きで端末に表示するのが、screenFetch コマンドです。

同様のツールにArcheyがありますが、screenFetchの方がオプションが豊富で、また、多くのシステム情報を表示することができます。

オプションで出力

screenFetchをインストールしたら、端末を起動してコマンドを実行してみましょう。

screenFetch Ubuntu コマンド システム情報 オプション 端末の幅

$ screenfetch -t

使用しているLinuxディストリビューションロゴが左側に表示され、上からカーネルのバージョン、起動時間、画面解像度、ウィンドウマネージャと適用しているテーマなどが表示されます。

「-t」オプションを付けると、端末の幅でテキストが切り捨てられるので、アスキーアートのロゴが崩れることがありません。

screenFetch Ubuntu コマンド システム情報 オプション 他のディストリビューションのロゴ

$ screenfetch -t -A 'Arch Linux'

また、「-A」オプションを使えば、他のLinuxディストリビューションのロゴを表示させることもできます。

screenFetch Ubuntu コマンド システム情報 オプション テキストのみ

$ screenfetch -n -N

アスキーアートのロゴなしで、システム情報のテキストのみを表示したいときは「-n」オプションを、また、「-N」オプションを付ければ、色なしで出力することもできます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Ubuntu 17.10に適用したいおすすめのテーマ5つ Oct 22, 2017

Ubuntu 17.10に追加したいおすすめのGNOME拡張機能7つ Oct 21, 2017

Ubuntu 17.10 - 「A」から始まりGNOMEに原点回帰 Oct 20, 2017

Ubuntu 17.10にGNOME拡張機能をインストールする方法 Oct 19, 2017

More columns in applications view - アプリケーションビューの列数を変更するGNOME拡張機能 Oct 12, 2017

gkill - プロセス名で検索して強制終了するコマンドラインツール Oct 05, 2017

Bing Wallpaper Changer - Bingの壁紙をデスクトップの壁紙に自動設定するGNOME拡張機能 Sep 28, 2017

TaskBar - 起動中のアプリケーションをトップバーに表示するGNOME拡張機能 Sep 25, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com