Xfce 4.12でQt/KDEアプリにもGTK+テーマを適用する方法

Xfce 4.12でQtアプリやKDEアプリのウィンドウが汚い

Ubuntu 15.04にXfce 4.12をインストールして、いくつかのアプリを起動してみると、一部アプリのウィンドウが汚いことに気付くと思います。

Xfce 4.12 Ubuntu 15.04 Qt KDE GTK Theme

これは、Xfce 4.12では、VLCなどのQtアプリやArkなどのKDEアプリには、デフォルトでGTK+テーマが適用されないことが原因で発生します。

Qt4設定ツール(qt4-qtconfig)を使えば、簡単にGTK+テーマをQt/KDEアプリにも適用することができます。

Qt4設定ツール(qt4-qtconfig)でQt/KDEアプリにGTK+テーマを適用する

Xfce 4.12でQt/KDEアプリにGTK+テーマを適用するには、まず、Qt4設定ツール(qt4-qtconfig)を、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールします。

インストールが完了したら、アプリケーションメニューの「設定」から「Qt4設定」を選んで、Qt4設定ツールを起動しましょう。

Xfce 4.12 Ubuntu 15.04 Qt4設定ツール qt4-qtconfig

「外観」タブの「GUIスタイルの選択」は、デフォルトで「デスクトップの設定」になっています。

リストから「GTK+」を選んだら、「Ctrl + S」キーで設定を保存しましょう。

すると、Qt4設定ツールの外観が、デスクトップに設定されているGTK+テーマと同じになります。

Xfce 4.12 Ubuntu 15.04 Qt4設定ツール GTK+テーマ適用

あとは、VLCなどのQtアプリやArkなどのKDEアプリを起動して、ウィンドウにGTK+テーマが適用されていることを確認してみましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed