Cool Retro Term 1.0 古いブラウン管を再現した端末エミュレータ アップデート

Cool Retro Term 1.0 新しいフォントの追加や表示速度の向上

Cool Retro Termとは、古いブラウン管のノイズやラインなどをリアルに再現した端末エミュレーターです。

Cool Retro Term 1.0 Ubuntu 端末エミュレーター

Cool Retro Term : Tom Chiverton https://launchpad.net/~bugs-launchpad-net-falkensweb/+archive/ubuntu/cool-retro-term

Ubuntu 15.04 - Cool Retro Term 端末エミュレーター
バージョンインストール方法起動方法
Cool Retro Term 1.0端末からPPAリポジトリを追加してインストールDashホームから「cool-retro-term」で検索して起動

フォントやカラー、また、エフェクトをカスタマイズして、ブラウン管風の端末を好みの外観に変更できるのが、Cool Retro Termです。

Cool Retro Term 1.0では、いくつかの新しいフォントが追加され、また、スクリーンへのフォントの描画やエフェクトのパフォーマンスの改善により、表示速度が向上しています。

Cool Retro Term 1.0 Changes https://launchpadlibrarian.net/199673252/cool-retro-term_1.0_source.changes

Cool Retro Term 1.0をPPAからインストール

Cool Retro Term 1.0は、公式のPPAからUbuntu 15.04にインストールできます。

$ sudo add-apt-repository ppa:bugs-launchpad-net-falkensweb/cool-retro-term
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install cool-retro-term

Cool Retro Termを起動したら、「Profiles」メニューから「Apple II」「IBS-DOS」など、あらかじめ用意された9種類のプロファイルを選択してみましょう。

さらに、端末の外観を細かくカスタマイズしたいときは、「Edit」メニューから「Settings」を選びます。

Cool Retro Term 1.0 Ubuntu 端末エミュレーター カスタマイズ

Cool Retro Term 1.0では、「General」タブにプロファイルが一覧表示されるようになり、より、管理がしやすくなっています。

また、「Terminal」タブの「Font」リスト(ベースとなるプロファイルによって変わります)には、いくつか新しいフォント追加されているので、見やすいフォントを選択してみましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed