Ubuntuでアプリがフリーズしたときにクリックで強制終了するショートカットキーを設定する

xkillコマンドを使ってアプリを強制終了するショートカットキーを設定

Ubuntuでアプリがフリーズしたときに、ウィンドウクリックで強制終了するショートカットキーを設定しておくと便利です。

Ubuntu アプリの強制終了ショートカットキー

アプリの強制終了には、Ubuntuに標準でインストールされているxkillコマンドを使います。

xkillコマンドにカスタムショートカットキーを設定しておくことで、いつでもウィンドウクリックでアプリを強制終了できるようになります。

システム設定の「キーボード」からxkillコマンドを設定する

ウィンドウクリックでアプリを強制終了するショートカットキーを設定するには、まず、システム設定から「キーボード」を選択します。

「ショートカット」タブを選んだら、「+」ボタンをクリックして、「独自のショートカット」を開きましょう。

Ubuntu アプリの強制終了ショートカットキー xkillコマンドの追加

「名前」「コマンド」ボックスの両方に、「xkill」と入力して、「適用」ボタンをクリックします。

追加された「xkill」の右側には「無効」と表示されるので、クリックしてから、例えば「Ctrl+Shift+X」のように、アプリの強制終了に設定するショートカットキーを押せば完了です。

Ubuntu アプリの強制終了ショートカットキー xkillコマンド マウスカーソル

あとは、設定したキーを押すとマウスカーソルが「×」に変わるので、強制終了したいウィンドウをクリックするだけです。

キャンセルしたいときは、マウスの右ボタンをクリックしましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed