weather-util 端末から天気を確認するコマンドラインツール

現在の天気・気温・湿度を端末にすばやく表示

weather-utilとは、Ubuntuの端末から日本の都市の天気を確認できるコマンドラインツールです。

weather-util Ubuntu 天気 コマンド

Weather http://fungi.yuggoth.org/weather/

Ubuntu 15.10 - weather-util 天気 コマンド
バージョンインストール方法起動方法
weather-util 2.0-1Ubuntuソフトウェアセンターから「weather-util」で検索してインストール端末から「weather」コマンドを実行

Gis Weatherのようなデスクトップの天気アプリもいいですが、シンプルにテキスト情報だけで天気を確認したいときにおすすめなのが、weather-utilです。

「weather」コマンドに続いて都市コードを入力するだけで、現在の天気・気温・湿度を端末にすばやく表示することができます。

日本の都市を検索して現在の天気を端末から確認する

weather-utilをインストールして端末を起動したら、「weather」コマンドに続いて、「tokyo」のように日本の都市名を入力して実行してみましょう。

weather-util Ubuntu 天気 コマンド 都市の検索

$ weather tokyo

各候補の先頭にある[rjaa]や[rjti]が、天気の場所を一意に表わすコードになります。

次に、都市コードを指定してコマンドを実行してみましょう。

weather-util Ubuntu 天気 コマンド 現在の状態

$ weather rjti

すると、気温、湿度、風速、空の状況の順に天気が表示されます。

都市コードを覚えておけば、次回からはコードを指定するだけで、すぐに天気を確認できますね。

なお、利用している天気データがNOAA(米国海洋大気庁)のものなので、登録されていない日本の都市名もあります。

「No FIPS code/census area match...」と表示されたときは、別の都市名を試してみましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed