ClamTkをUbuntu 15.10にインストールしても起動できない

ClamTkが起動できずエラーメッセージも表示されない

ウイルススキャナーのClamTkをUbuntu 15.10にインストールして、ランチャーアイコンをクリックしても、エラーメッセージは表示されず、また何も起動しません。

ClamTk Ubuntu 15.10 起動できない

ClamTK Anti Virus will not run on Ubuntu 15.10 - Ask Ubuntu http://askubuntu.com/questions/709520/clamtk-anti-virus-will-not-run-on-ubuntu-15-10

Ubuntu 15.10のソフトウェアセンターからインストールできるのはClamTk 5.19ですが、Debパッケージから最新版のClamTk 5.20をインストールしても同じ現象が発生します。

この問題は、ClamTkのGUIに使われているアイコンが、正常にインストールされていないために発生します。

また、ウイルス定義ファイルのダウンロードサーバーが設定されていないため、アップデートもできない状態になっています。

GNOMEアイコンのインストールとウイルス定義ファイルのダウンロードサーバーの設定

試しに端末からclamtkコマンドを実行すると、以下のエラーが発生します。

Wide character in subroutine entry at /usr/share/perl5/ClamTk/GUI.pm line 282.
テーマの中にアイコン 'gtk-new' はありません at /usr/share/perl5/ClamTk/GUI.pm line 282.

このエラーは、ClamTkのGUIに使われているアイコンがないため発生しており、「gnome-icon-theme-full」をインストールことで解決できます。

$ sudo apt-get install gnome-icon-theme-full

上記コマンドを実行すれば、ClamTkのGUIに必要なアイコンがインストールされ、起動できるようになります。

次に、手動でウイルス定義ファイルをアップデートしようとしても正常にアップデートされないため、スキャンができない状態になっています。

これは、ウイルス定義ファイルのダウンロードサーバーを設定することで解決できます。

$ sudo gedit /etc/freshclam.conf

上記コマンドを実行して「freshclam.conf」ファイルを開くと、ブランクになっているので、以下の行を追加して保存します。

DatabaseMirror db.US.clamav.net

ClamTkを再起動したら、アップデートアシスタントを開いて「自分でシグネチャをアップデート」を選択し、「アップデート」アイコンから手動でウイルス定義ファイルをアップデートしましょう。

ClamTk Ubuntu 15.10 ウイルス定義ファイルの更新

定義ファイルの更新が終わったら、ファイルやフォルダが正常にスキャンされるか試してみましょう。

今度は、ウイルスが見つからなかった時のメッセージ「脅威となるファイルは見つかりません。」が表示され、正常にスキャンできたことがわかります。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed