Brave アドブロッカーを標準で搭載した高速でセキュアなブラウザ

標準で広告やトラッカーをブロックできる

Braveとは、プライバシーの保護を目的とした高速ブラウザです。

Brave Ubuntu ブラウザ

Brave Software | Building a Better Web https://www.brave.com/

Ubuntu 15.10 - Brave ブラウザ
バージョンインストール方法起動方法
Brave 0.8.3「Brave.tar.bz2 (61MB)」をダウンロードして解凍 ※64bit版のみ実行ファイルをダブルクリックして起動

あらゆる広告やトラッカーを標準でブロックできるのが、Braveブラウザです。

プライバシー保護だけでなく、負荷となる広告を技術的にブロックすることで、最大でページの読み込み時間を60%改善できます。

日本語のWebページにも対応しており、インストール不要の実行ファイル形式なので、セカンドブラウザとしてすぐに使うことができます。

Braveryメニューから広告やトラッカーのブロック設定を変更する

Braveブラウザを起動するには、アーカイブを解凍した「Brave-linux-x64」フォルダ内にある「brave」実行ファイルをダブルクリックします。

ブランクタブが表示されるので、あとは、アドレスバーから日本語で直接Google検索してみましょう。

Brave Ubuntu ブラウザ 広告ブロック メニュー

広告やトラッカーのブロックは右上のメニューアイコンをクリックして、「Bravery」メニューから行います。

標準の「Replace ads」は、将来的によりセキュアな「Brave Ads」に置き換えるものですが、現在は画像広告などがプレースフォルダに置き換わります。

広告を完全にブロックしたいときは「Block ads」を、許可したいときは「Allow ads and tracking」を選びましょう。

また、標準で「Block 3rd party cookies」がオンになっているので、すべてのCookieの保存が禁止されます。

Brave Ubuntu ブラウザ 設定

「Preferences」からは、起動時に表示するページや使用する検索サイト、また、タブの動作などを設定できるので、好みにカスタマイズしてみましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed