Sayonara Player 0.8.3 アップデート ディレクトリビューの追加や音量レベルの表示

Sayonara Player 0.8.3 Ubuntu 16.04に対応してリリース

Sayonara Playerとは、CPUやメモリの消費を抑えて、高いパフォーマンスで大きな音楽コレクションを管理できるLinux専用の音楽プレイヤーです。

Sayonara Player 0.8.3 Ubuntu 音楽プレイヤー

Sayonara Player http://sayonara-player.com/

Ubuntu 16.04 - Sayonara Player 音楽プレイヤー
バージョンインストール方法起動方法
Sayonara Player 0.8.3「sayonara_0.8.3-0ppa1-xenial1_amd64.deb」をダウンロードしてGDebi パッケージインストーラーからインストールDashから「sayonara」で検索して起動

軽量かつ多機能でMP3タグも編集でき、メインの音楽プレイヤーとして使えるのが、Sayonara Playerです。

Sayonara Player 0.8.3では、ディレクトリ表示で音楽を再生できる「ディレクトリビュー」が追加されています。

また、音量レベルメーターの表示やタグエディタのレイアウト変更、高度なフォント設定、シングルインスタンスによるパフォーマンスの改善など、数々のアップデートが適用されています。

ディレクトリビューで音楽ファイルを表示する

Sayonara Playerをインストールして起動したら、まず、「Set library path」ボタンから音楽フォルダを指定して、音楽ファイルを読み込みましょう。

Sayonara Player 0.8.3 Ubuntu 音楽プレイヤー ディレクトリビュー

Sayonara Player 0.8.3はディレクトリビューの追加により、3つのビューで音楽を再生できます。

デフォルトはライブラリビューで、一般的な音楽プレイヤーと同様に、アーティストやアルバムを選んで再生します。

また「View」メニューから「Library」のチェックを外せば、プレイリストのみのシンプルビューに、そして、上部ボックスから「Directories」を選べばディレクトリビューに切り替わります。

音量レベルメーター、波形、イコライザーなどの表示を切り替える

Sayonara Player 0.8.3では、コントロールの下に表示するパーツを切り替えることができます。

Sayonara Player 0.8.3 Ubuntu 音楽プレイヤー パーツの変更

デフォルトでは音量レベルメーターが表示されていますが、「View」メニューから「Spectrum」を選べば波形が、「Equalizer」を選べばイコライザーを表示できます。

また、「Dark」のチェックを外せば、ライトグレーにプレイヤーの外観を変更することもできるので、好みのカラーを選びましょう。

より編集しやすくなったタグエディタ

Sayonara Player 0.8.3のタグエディタには新たなレイアウトが採用され、より編集しやすくなっています。

Sayonara Player 0.8.3 Ubuntu 音楽プレイヤー タグエディタ

タグエディタの起動は、プレイリストから楽曲を右クリックして「Edit」メニューです。

2段組のレイアウトで、タイトル、アルバム、アーティストなど、基本的なタグを編集して保存できます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed