purge-old-kernelsコマンドでUbuntu 16.04の古いLinuxカーネルを安全に削除する

古いカーネルはディスクスペースを大量に消費する

purge-old-kernelsとは、Ubuntuにインストールされている古いバージョンのLinuxカーネルを削除するコマンドラインツールです。

purge-old-kernels Ubuntu コマンド 古いカーネル削除

Ubuntu Manpage: purge-old-kernels http://manpages.ubuntu.com/manpages/xenial/man1/purge-old-kernels.1.html

Ubuntu 16.04 - purge-old-kernels コマンド
バージョンインストール方法起動方法
byobu 5.106端末から以下のコマンドでインストール端末から「purge-old-kernels」コマンドを実行
$ sudo apt-get install byobu

Synapticから「linux-image」や「linux-headers」で検索するとわかりますが、Ubuntu 16.04では、Linuxカーネルがアップデートされても、古いバージョンのカーネルは自動的に削除されず、インストールされたままになります。

古いバージョンのLinuxカーネル(linux-image-xxx, linux-headers-xxx)が残っていると、それだけで大量にディスクスペースを消費します。

システムをクリーンにしてハードディスクの空き容量を増やすためにも、使わない古いカーネルは削除しておきましょう。

purge-old-kernelsコマンドを使えば、現在使用している最新のカーネルを削除することなく、古いカーネルやヘッダーファイルを安全に削除することができます。

purge-old-kernelsコマンドを実行して古いカーネルをまとめて削除する

Ubuntu 16.04のpurge-old-kernelsコマンドは、byobu(テキストベースのウィンドウマネージャ)のパッケージの一部として提供されています。

byobuをインストールしたら端末を開いて、パラメータなしでpurge-old-kernelsコマンドを実行してみましょう。

$ sudo purge-old-kernels

purge-old-kernels Ubuntu コマンド 古いカーネル削除 確認

コマンドを実行する前にインストールされていたカーネルのバージョンは「4.4.0-24」「4.4.0-28」「4.4.0-31」の3つですが、ここでは一番古い「4.4.0-24」のみを削除して、225MBを解放するというメッセージが表示されます。

purge-old-kernelsコマンドのデフォルトでは、最新の2バージョンを残すようになっているので、「4.4.0-24」だけが削除されるわけですね。

最新のカーネルを1つだけ残したいときは、「--keep」パラメータで残すカーネルの数を指定しましょう。

$ sudo purge-old-kernels  --keep 1

これで、最新のカーネルだけが残り、ディスクスペースを大幅に節約できます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed