Ubuntu 16.04のファイルマネージャから外付けハードディスクをフォーマットする

Ubuntu 16.04ではファイルマネージャから簡単にハードディスクをフォーマットできる

新しく購入した外付けハードディスクは、通常Windows用のファイルシステム「ntfs」でフォーマットされています。

Ubuntu 16.04 ハードディスク フォーマット

Ubuntuの標準ファイルシステムは「ext4」なので、Ubuntu専用でハードディスクを使いたいときは、「ext4」にフォーマットしてから使いましょう。

Ubuntu 16.04からは、特に追加のアプリなどは必要とせず、ファイルマネージャから簡単にハードディスクをフォーマットできるようになっています。

また、アクセス権がログインユーザーのものに設定されるため、面倒なアクセス権の変更は必要なく、すぐにファイルの書き込みや削除ができます。

ファイルマネージャからext4でハードディスクをフォーマット

Ubuntu 16.04ではファイルマネージャの標準機能で、ハードディスクをフォーマットできます。

Ubuntu 16.04 ハードディスク フォーマット ファイルマネージャ メニュー

フォーマットしたいハードディスクを接続したら、右クリックメニューから「フォーマット」を選びましょう。

Ubuntu 16.04 ハードディスク フォーマット 設定

「ボリュームを初期化」ダイアログが開くので、「消去」リストからデータの消去方法を選択します。

新しく購入したハードディスクには特にデータがないので、「既存のデータを上書きしない」のままにしておきます。プライバシーデータなどを安全に削除したいときは、「既存のデータをゼロで上書きする」を選択することもできますが、非常に時間がかかります。

「タイプ」からはファイルタイプを選択します。Ubuntu専用にするので、「Linuxシステムと互換 (Ext4)」を選びます。

最後に「名前」にボリューム名を入力したら、「初期化」ボタンでをクリックします。

Ubuntu 16.04 ハードディスク フォーマット 確認メッセージ

確認メッセージが表示されるので、問題なければ「初期化」ボタンでフォーマットを開始しましょう。

「既存のデータを上書きしない」場合は、ほんの数秒でフォーマットは終わります。

フォーマットが終わると、特にメッセージは表示されず、サイドバーに新たなボリューム名が表示されるので、クリックしてマウントしましょう。

Ubuntu 16.04 ハードディスク フォーマット アクセス権

ファイルマネージャからフォーマットした場合のアクセス権は、「所有者: 自分」「アクセス: 作成と削除」になるので、すぐにファイルの書き込みや削除ができます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed